【衝撃映像】ロックダウン中のNYに「ストーキングUFO」出現! 社会的距離の監視か、追いかけられた女性は恐怖のあまり…!!

 ロックダウン下にあるアメリカ・ニューヨークでUFOが目撃された。なんと、夜空に浮かぶ光輝くオーブが撮影者の女性をストーキングしていたのである。

■ロックダウン中の大都会の夜空にUFOが出現

 新型コロナウイルスの感染被害が甚大なアメリカ・ニューヨークだが、ロックダウン下にあるマンハッタンの都会の夜空にUFOが出現し、スマホで長時間にわたって撮影された。

 台湾在住の著名なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏が先日、自身が運営するUFOブログ「UFO Sightings Daily」でマンハッタン在住の女性が撮影した夜空に浮かぶUFOを紹介している。このUFOは女性が歩いて進む先をどこまでも追跡してきたということだ。

【衝撃映像】ロックダウン中のNYに「ストーキングUFO」出現! 社会的距離の監視か、追いかけられた女性は恐怖のあまり…!!の画像1
「UFO Sightings Daily」の記事より

 基本的に外出が禁止されているニューヨークだが、ソーシャルディスタンス(米国では約180センチ)を保つことを条件に「食料・薬品の購入」、「運動のための散歩やサイクリング」は許されている。この女性は犬の散歩で家を出て夜の街を歩いたのだった。

 大都会・マンハッタンではこれまでにも時折UFOが目撃されていて、故ジョン・レノンも、1974年にマンハッタンでUFOを見たと話している。

 この匿名女性がスマホで撮影したUFO動画はウェアリング氏のYouTubeチャンネル「ET Data Base」に投稿され、多くの注目を集めている。ウェアリング氏はロックダウン中に撮影された素晴らしいUFO動画であると称賛。そしてこの目撃報告は世界最大のUFO研究互助組織「MUFON」に登録されることになった。

 動画には撮影者の女性に寄り添い並行してどこまでも“ストーキング”しているUFOの姿が30分にもわたって収録されている。このUFOの正体は? そして“ストーキング”の目的が何であるのか謎は膨らむばかりだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ