【五島勉氏追悼】「日本が世界の救世主になる」元祖SF作家H.G.ウェルズが予言!日本人こそレビ族…死海文書の預言ともリンク!

■『死海文書』と『霊界物語』が2000年の時を超えてつながる

 さて、五島氏が触れなかったもう一つの要素として『死海文書』(Dead Sea. Scrolls)」が挙げられる。もっと言えば、同書に出てくる「アロンとイスラエルのメシア」のことだ。

 端的にいえば、将来、二人のメシアが出現するということを同書は訴えている。

『死海文書』を深く読み込めば、実は2000年前、バプテスマのヨハネと、彼の弟子イエスという「二人のメシア」が登場していて、のちに今の「聖書」が政治的理由からメシアをイエスだけにしてしまった事情が透けて見えてくるという。

『死海文書』を記したクムラン宗団は、魂の不滅と輪廻転生を信じるユダヤ教「エッセネ派」の一派である。やや穿ちすぎかもしれないが、将来現れる「アロンとイスラエルのメシア」とは、ヨハネとイエスの「転生者」のことではないか?

 私がこう直感した理由は、実は一見まったく無関係に思える日本の預言者・出口王仁三郎を調べていて、彼の奇妙な予言に接したからである。

 彼は『霊界物語』において、「神世開基と神息統合は世界の東北に再現されるべき運命にあるのは、太古よりの神界の御経綸である。」と記している。「神世開基」には「ヨハ子」、「神息統合」には「キリスト」のルビを振っている。

画像は「Amazon」より引用

 そして、彼によると「世界の東北」とは、ズバリ、日本のこと。

 どうやら王仁三郎は、まず神の世を開く「先がけのヨハネ」と、それを統合する役の「キリスト」の二人のメシアが日本から現れると予言しているようなのだ。

 私もまさか『死海文書』と『霊界物語』が繋がることは想像外だった。

 私が思うに、2000年前に二人がパレスチナでやったのは、その「縮図≒ひな形」を作ることだった。そして近未来、それを地球規模で行うというシナリオではないか。

 驚くべきことに、その時期まで浮かんでくる。

 王仁三郎は、「ヨハネ」とルビをふるべきところに、わざわざ「ヨハ子」という字を当て、それが「ネズミ年」であることを示唆している。

 つまり、神の世が開かれるのは2032年ということだ。

文=山田高明

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

【五島勉氏追悼】「日本が世界の救世主になる」元祖SF作家H.G.ウェルズが予言!日本人こそレビ族…死海文書の預言ともリンク!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新