【五島勉氏追悼】「日本が世界の救世主になる」元祖SF作家H.G.ウェルズが予言!日本人こそレビ族…死海文書の預言ともリンク!

『ノストラダムスの大予言』などで日本の予言研究をリードしてきた五島勉氏が先ごろ亡くなられた。私・山田高明からすると、五島先生は予言研究の大先輩であった。心からご冥福をお祈りしたい。

画像は「Amazon」より引用

 それにしても、五島氏が亡くなられる段になってから、日本と世界が破局の時代に入ったかのような様相を呈してきたのだから、何とも皮肉である。

 さて、その五島氏であるが、得意としたのは「ユダヤ・キリスト教系予言」であった。ただ、それと離れたテーマであっても、たとえば「聖徳太子予言」や「ヒトラー予言」のように、興味をそそられるものが多かった。

 実は、そんな五島氏が研究の終盤のほうで目を付けた“予言者”こそ、意外にもH.G.ウェルズであった。時間旅行を描いた『タイムマシン』や、火星人による侵略を描いた『宇宙戦争』などの作品で知られる、あのイギリスの元祖SF作家である。

 五島氏が着目した作品が1933年刊行の『The Shape of Things to Come』(邦題として『世界はこうなる』と『地球国家2106年』の二つあり)である。

画像は「Amazon」より引用

 この本は、フィリップ・レイブン博士なる、ウェルズの亡くなった知人が残した「予言的手記」という体裁をとる。彼がなぜか2106年までの人類史を振り返っている。そこには人類が様々な試練を経験しながら世界国家を作り上げていく「歴史」が描かれている。

 もちろん、実際の作者はウェルズ自身である。彼が持てる想像力を駆使して、22世紀初めまでの人類の歩みを予測してみせた――それがこの作品の本質だ。全体として、ユートピアを待望するウェルズの理想主義と、現実の人類社会に対するリアルな視点とのバランスのとれた壮大な「架空人類史」に仕上がっている。

 実際、1933年といえば、ちょうどヒトラーが独裁者になって間もない頃であり、又、日本が満州撤退決議に抗議して国際連盟を脱退した年である。その後、日独が戦争に突入し、米ソと戦うことや、ミサイルや原爆が登場することなど、短期的な予測に関しては、ウェルズはかなり正確に未来を言い当てている。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

【五島勉氏追悼】「日本が世界の救世主になる」元祖SF作家H.G.ウェルズが予言!日本人こそレビ族…死海文書の預言ともリンク!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル