「角川春樹を支配する星と宇宙人の正体」が判明!巨大地震を止めた男・春樹が新作映画『みをつくし料理帖』とUFO超常現象を語る!

 角川春樹氏は、横溝正史ミステリーを映画化した「犬神家の一族」(1976)を皮切りに、プロデューサーとして次々とヒット作を世に送り出してきた。さらに日本初となるメディアミックスを行い、角川映画という一大ムーブメントを巻き起こしたのである。

 常に斬新なアイデアで日本映画界を引っ張ってきた春樹氏が10年ぶりに監督を務めた映画『みをつくし料理帖』(10月16日公開)がこの秋公開される。

『みをつくし料理帖』は、髙田郁によるベストセラー時代小説シリーズ。享和二年、大坂・淀川の大洪水で両親を失った天涯孤独な少女・澪が、江戸で一流の女料理人を目指す。

 ヒロイン澪はTBS系連続ドラマ『この世界の片隅に』などの松本穂香、その幼なじみであり吉原で花魁として生きる“あさひ太夫”を連続テレビ小説『半分、青い。』などの奈緒が演じるほか、若村麻由美、浅野温子、藤井隆、石坂浩二、中村獅童、窪塚洋介らが共演する。

 TOCANAでは映画「みをつくし料理帖」公開を記念して、春樹氏に直撃インタビューを敢行。最後の監督作品と公言する本作への制作秘話や意気込み、さらには超人的パワーを持つ春樹氏の神秘体験などトカナならではなの仰天話が飛び出すのであった。インタビューは全3回にわたってお届け、今回はその第2回目である。

 第1回目では、春樹氏が新型コロナウイルスと地震を止めた話。そして、昨年末に春樹氏の妻に突然降りてきた「瀬織津姫」の予言などを語ってくれた。今回は、春樹氏が15年前に止めたという、「2005年7月17日」の地震のエピソードから始まる。

<インタビュー第1回:「8月25日に来る予定だった巨大地震」を止めた男はこちら>


◆半月から満月に。春樹氏の月を変化させる能力。

春樹 2005年、私は地震が止まったお礼をかねて、7月18日にいつも神事を行っている明日香宮に参った。その時に株式会社サイゾーのオーナーである苫米地英人氏が私の神事を撮りたいと言って何人もスタッフを連れてやってきたんだ。

 私はその時、30分ぐらい神座で神事を行っていたのだが、その最中に半月だった月が満月に変わった。それを見た私が驚いて、「これはどういうことだ。お前は学者だからわかるだろう?」と苫米地氏に尋ねた。けれど、苫米地氏は「わかりません」と首をひねるばかり。


――月が半月から満月に短時間で変化するなんてあり得ないですよね。

春樹 そんな不思議なことがあった後、当時住んでいた市ヶ谷の自宅のバルコニーで、夜に焼き肉パーティーを開いていた。そこで私が神事の最中に半月が満月に変わった話をしていた時、焼き肉を食べていた1人が驚いたように、箸からポトッと焼き肉を落とした。私が「どうした?」と訪ねたら、空の半月が目の前でみるみる膨らんで十三夜ぐらいの大きさになっているというのだ。それで私は、これは偶然でなく自分が起こしていることだとわかった。

 その時、私はすぐに成瀬氏(ヨーガ行者の成瀬雅春)と長渕剛氏にこのことを報告しようと連絡を入れたのだ。

 

――長渕剛さんは春樹さんが製作された映画「男たちの大和/YAMATO」で主題歌を歌われていましたよね。長渕さんも不思議な力を持っていらっしゃるようで、ライブ中にUFOが飛んできたエピソードがありました。なので、春樹さんとは神秘的なつながりがありそうですね。

春樹 ああ、そう? 私だってUFOはよく知っているよ。異星人とはチャネルングもあるし。

 成瀬氏はその時、福山にいたのだが空を見て月の変化を確認してくれた。長渕氏は自宅にいたんだけれど、すぐに「兄貴見たよ!」とFAXを送って来た。

 月の変化は私の家でしか見られない現象かと思ったら、日本中どこでも見えていたということがこれでわかった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ