「2021年タロット予言」著名占い師が発表!! バイデン大統領の就任式直後に超ヤバい事態、火星エイリアン発見、東京五輪は…!?

「2021年タロット予言」著名占い師が発表!! バイデン大統領の就任式直後に超ヤバい事態、火星エイリアン発見、東京五輪は…!?の画像2
画像は「Unsplash」より

●G7

 イギリスは2021年にG7の議長国になり、その会議において、中国包囲網として機能する民主主義国家の同盟である「D10」を立ち上げる可能性がある。韓国、インド、オーストラリアが通常のG7メンバーとともに招待されるのだ。

 この新しい枠組みのアイデアは、すでにアメリカの民主党員の関心を集めており、イギリスほどバイデン政権の下でアメリカの外交政策の目標に一致する国はないことを思い知らせてくれる。

 また2021年にイギリスは、延期されていた国連気候変動会議「COP26」をグラスゴーで主催する。ここでトランプが撤回した気候変動協定を再締結することを目指し、イギリスの首相とバイデンが建設的に協力する機会ができるという。

●中国

 最初に新型コロナウイルスの大流行に見舞われた中国は、2021年にコロナ禍から回復した最初の国になる可能性がある。

 中国のリーダーシップは、名声、貿易、外交の面で直接的な物質的利益を伴う優れた政策上の勝利を手にするかもしれない。

 中国の干支で辛丑(かのとうし、Metal Ox)の年は、攻撃的であるよりも着実で勇敢であり、万里の長城のように驚異的な耐久力のある遺産を残すために、一生懸命働き、作り、修理し、しっかりとした礎を構築する年になるという。

●グローバルビジネス

 2021年はブランディングの年であり、製品、商品、サービスに社会的、環境的、または生態学的な価値を付加する年になると見られている。

 新しい顧客の絶えることのない要望を受ける中、未来に焦点が当てられるようになる。企業経営は顧客を離さず、回復力があり、創造的で適応力があるかどうかにかかっている。2021年には企業はデジタルトランスフォーメーションのぺースをさらに加速させる必要がある。

 企業はコアなビジネスを遂行するだけでは十分でなく、社会に影響を与える複雑な経済的、環境的、社会的課題に取り組んでいると見なされなければならない。これらの新しい価値観に敏感な消費者の信頼と忠誠心を獲得するために、企業は誠実さ、能力、そして透明性をもって事に当たらなければならない。

「2021年タロット予言」著名占い師が発表!! バイデン大統領の就任式直後に超ヤバい事態、火星エイリアン発見、東京五輪は…!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル