「トランプは人権に無関心」 池上彰の“大ウソ発言”を東大教授が徹底糾弾! バイデンと主要メディアこそ差別主義、真実を見極めろ!

画像は「テレ東News(Youtube)」より

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、2月12日に引責辞任しましたね。3日、JOCの臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」といった発言をしたばかりに。

 森がなぜ女性について余計な発言をしたかといえば、女性を何割入れろとかジェンダーバランスとか、国や国際機関から言われるのにうんざりしたからでした。能力や適性で決めるべきで、性別は関係なかろう、と。森のその正しい苛立ちが、性別への偏見の形で表明されてしまったのは皮肉であり、自己否定的であり、残念でした。

 森は発言翌日に謝罪し、ⅠOCも「謝罪をもってこの問題は終了」としたので、辞任に追い込まれたのは不可解です。謝罪後もマスコミが執拗に叩き続けた成果なのでしょう。

 そもそも森発言は、マスコミが騒がなければ世に知られることもなく、問題化しなかったはず。他方、他ならぬマスコミ自身が直接に、悪質なフェイクを発信していました――森発言とほぼ同時期に、やはりオリンピックと人権に絡んだもっと重大な問題について。テレビ朝日系『池上彰のニュースそうだったのか!!』1月30日放送回で、池上はこんな発言をしたのです。

「バイデン大統領は中国の人権問題に関心がある。新疆ウイグル自治区で強制収容所に入れられているといったことや香港民主化運動による逮捕とか、トランプ大統領はこれまで何も言ってこなかった。人権問題に関心がなかった」

池上彰。画像は「Wikipedia」より

 池上のこの大ウソに、新聞もテレビも言及しようとしません。視聴者からテレビ朝日に抗議が殺到したそうですが、テレ朝から説明は無し。池上自身も発言を撤回していません。トランプ大統領はウイグル問題を「ジェノサイド認定」しましたし、香港問題についても数々の制裁を繰り出しました。北朝鮮による拉致問題について国連演説で初めて触れるなど、トランプが日本にとっても大変心強い人権派であったことは周知の事実です。

「ジェノサイド認定」が国際的に広まれば、2022年の北京オリンピックは委員長交代どころか開催そのものが白紙になるでしょう。森喜朗に対してはあれだけ女性蔑視だのオリンピック精神に反するだの騒いだマスコミが、人権問題についてはるかに重大なウソを言い放った池上彰に突っ込まないのは不合理です。マスコミ全体の政治的偏向が透けて見えましたね。

 池上発言は、森発言よりもずっと深刻な悪影響を及ぼします。「女性」について誰が何を言おうと、聞く人を惑わす効果などありません。森発言がくだらない失言であることは明瞭です。女性とは一般にどういうものであるか、誰もがすでに十分認識を持っているので、言葉だけで女性への偏見を広めることなどできないでしょう。

「トランプは人権に無関心」 池上彰の“大ウソ発言”を東大教授が徹底糾弾! バイデンと主要メディアこそ差別主義、真実を見極めろ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル