モスマンはやはり生きている? 予知をするUMAの真相と世界の“有翼人史”に奇妙なリンク

関連キーワード:

,

,

,

,

,

ポイント・プレザンドのモスマン像。画像は「Getty Images」より引用


■北米ウェスト・バージニア州を恐怖のどん底に陥れた

 某TV局の年末特番で知り合った実吉達郎氏の著書『UMA解体新書』には、当時のモスマン出現事件が詳細に記されていた。実吉氏は、未確認動物の研究者にして、動物園で働いている方なので、「鳥の誤認」説を打ち出しているものの、判然としない。

 事件は1966年11月15日、北米ウェスト・バージニア州ポイント・プレザント市で起きた。この地に突如として現れた怪物UMAがモスマンだ。ウェスト・バージニアと言えば、アメリカの古き良きカントリー・ミュージックの「カントリーロード」にも詩の一文として出て来る、そんな田舎町なのだが、軍の基地のそばをドライブしていた4人のカップルが道路上に赤く輝く目を持つ野生動物を視認。そのまま通過しようと近づいていくと、背丈が2m、両腕が翼で、目玉が2つ、鳥のような足が2本だった。驚いて車を止めると、その怪物はヨタヨタと助走し始めて、翼を広げて飛び上がって来た。翼長は3メートルはあろうかという大きさで、真上に飛び上がった為、4人は驚いて車をUターンさせて引き返した。だが、アクセル全開で毎時160km/h以上で運転しているにもかかわらず、その怪物は左右の車窓に出現する。街まで戻ったカップル曰く、ネズミのような鳴き声、バサバサという鳥の羽ばたき音を聞いたそうだ。そのまま警察に駆け込み、事情を説明したが、夜遅かった為、翌朝からの捜査開始となった。

 残念ながら現地での他の目撃者はおらず、出現場所に窪みが見つかった程度だった。状況証拠ありとして信用されたが捜査保留となった。ただ地元警察が大々的に捜査することが決まってからは地元紙、TV局、UFO研究家が現地までやって来て調査を始めると、12〜13件の目撃例が出始めた。怪物の名称も「モスマン(蛾男)」と命名され、地元ではちょっとした騒ぎに発展することになる。実はこのポイント・プレザント市はこれ以外の事件にも謎が多い場所で、UFO、幽霊、呪いなどありとあらゆる超常現象が発生している地域だった。この街自体をドラマ化、映画化したものも多い。

モスマンはやはり生きている? 予知をするUMAの真相と世界の“有翼人史”に奇妙なリンクのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル