グーグル元幹部が臨死体験を激白! 相対性理論で来世を分析、「素晴らしき死後の世界」を徹底解説!

 人は死んだらどうなるのか? この究極の問いについて、Google関連会社の元CEOモー・ガウダット氏は、自らの臨死体験を基に、死後には素晴らしい来世が待っていると主張している。英「Express」(3月29日付)が取り上げた。

Life after death: Google chief saw ‘fabulous’ afterlife during near-death experience (Express)

グーグル元幹部が臨死体験を激白! 相対性理論で来世を分析、「素晴らしき死後の世界」を徹底解説!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 モハマッド・“モー”・ガウダット氏はエジプト出身のエンジニア・企業家で、次世代技術の開発を行っている米「Google X」社(現「X」社)のCEOを務めていたことで知られる。その後もアントレプレナーとして様々な分野でビジネスを行うかたわら、ガウダット氏は『Solve for Happy:Engineering Your Path to Joy』という著書も発表している。

グーグル元幹部が臨死体験を激白! 相対性理論で来世を分析、「素晴らしき死後の世界」を徹底解説!の画像2
画像は「Amazon」より引用

 この本は2014年に亡くなったガウダット氏の息子アリに捧げられたもので、息子の突然の死のショックから立ち直った経験を基に書かれたものだ。この著作の中で、エンジニアであるガウダット氏は、「工学的なアプローチ」で幸福を津球する術について述べる一方、臨死体験や死後の世界についても触れている。

 ガウダット氏には臨死体験の経験があるといい、「素晴らしい体験だった」と率直に述べている。その中で彼は光を見たといい、トンネルの中を駆け抜けて、「静けさと平和」を見つけたそうだ。

 この体験から臨死体験に興味を持ったガウダット氏は、数百万にも上る多くの臨死体験談を収集したそうだ。それらの多くは非常に前向きなもので、ガウダット氏は「希望を与えられた」と語る。

 さらにガウダット氏は、来世について相対性理論を用いた推論を展開し、「絶対時間の欠如は、特定の出来事の始まりと終わりに関する私たちの認識を異なったものとする」と指摘、生命は「物理的世界の規則や原則に従わない」と述べ、死後の世界とは時間や場所を超越して世界を観測できる場所であると主張した。なおガウダット氏は、宇宙の外側には中の全てを見ることができる本物の「観測者」がいるとも付け加えている。

グーグル元幹部が臨死体験を激白! 相対性理論で来世を分析、「素晴らしき死後の世界」を徹底解説!の画像3
画像は「Express」より引用

 神経科学では、臨死体験とは生命の危機が発生した際、身体の多感覚統合が乱れて起こるものとの仮説が立てられている。言うなれば、死の恐怖をごまかす幸福な幻だというわけだが、ガウダット氏のように自身の実体験と研究成果に則してこれに反論する人々も多い。死後の世界、そして来世は実在するのか? その答えは、今のところ自分が死ぬその時にしかわからない。


参考:「Express」、ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

グーグル元幹部が臨死体験を激白! 相対性理論で来世を分析、「素晴らしき死後の世界」を徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル