【インタビュー】2000人以上に「怪談取材」した男・吉田悠軌が辿り着いた最恐の怪談! 取材中に起きた本当に怖い出来事も!

関連キーワード:

,

,

『一生忘れない怖い話の語り方 すぐ話せる「実話怪談」入門』(KADOKAWA)

 3月12日、実話怪談師になるための世界初の指南書『一生忘れない怖い話の語り方 すぐ話せる「実話怪談」入門』(KADOKAWA)を上梓した著者の吉田悠軌さんにインタビューを行った。業界の第一人者が考える怪談師として成功する秘訣から、実際にあった取材での怖い体験談などを聞いた。

――稲川淳二さんの怪談イベントを見たことがきっかけで、実話怪談をはじめたということですが、もともと怪談はお好きだったんですか?

(吉田悠軌/以下、吉田) いや、怪談は全然好きじゃなかった。バカにしていたぐらいですよ(笑) 正直な話、私は怪談を好きだから始めたのではない。仕事としてやるからにはちゃんとやらないと、いう覚悟ではじめたし、それは今も変わりません。「仕事」と「好き嫌い」は関係ないので。

 『一生忘れない怖い話の語り方』では、現代実話怪談史をまとめたりしているわけですけど、これも好きだからやっているというよりは、「そろそろ誰かがやらないと」という大人の責任としてやりました。


――怪談師になることを決めた理由は何でしょうか?

(吉田) 2005年に、稲川さんの怪談イベントに行ったからです。当時の自分は、何もやっていなかった状態だったのですが、とにかく怪談をやりたい、怪談をやろうという気持ちになりました。もちろん稲川さんのイベントは強烈な印象があったけど、それが“やりたい”につながったのは、その時の私の人生のポジションもあったと言う他ないですね。


――このタイミングで実話怪談師のためのハウツー本を出そうと思ったのはなぜですか?

(吉田) 実話怪談の動向を見ていくと、平成の前半15年と後半15年でキレイに分かれているんですよ。平成が終わり、令和に切り替わった今がまさに過去を振り返る絶好のタイミングだったわけです。

 それこそ「怪談」と呼べるものは、おそらく人類が死を自覚するようになってからずっとあリます。日本の文学史を眺めても中世の頃から高度な怪談文学がありますね。ただ、「実話怪談」という狭いジャンルが始まったのは、ちょうど平成が始まったタイミングなんです。平成の前半15年が第1期、後半15年が第2期、そして今が、多くの人が実話怪談業界に参入するようになった第3期が進んでいるところです。

 つまり、現在は多くの人が実話怪談に参加したいと思っているタイミングでもあるので、業界を盛り上げるためにもハウツー本を出しておこうと思ったわけです。帯に稲川淳二さんが「商売敵がまた増える」と書いてくれているのですが、私としては商売敵を作るためにこの本を書いたんですよ(笑) 全体の参加人数が増えて、底上げがされれば良いなと思っています。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【インタビュー】2000人以上に「怪談取材」した男・吉田悠軌が辿り着いた最恐の怪談! 取材中に起きた本当に怖い出来事も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル