【ガチ】まじやばい、人間の寿命が数千年に!!! 不老不死を叶える“遺伝子リセット実験”2023年開始(最新研究)

画像は「getty images」より

 人間の寿命を1000歳まで伸ばすことが可能になるかもしれない。米ハーバード大学教授が驚愕の研究を明かした。

 英紙「Daily Star」(6月8日付)によると、ハーバード大学の遺伝学教授デビッド・シンクレア博士は、人間はほぼ永遠に生きることが可能だとポッドキャストで断言したという。しかも、その実験が2年以内に始まるというから驚きだ。

 シンクレア博士によると、すでにマウスを使った動物実験で、脳やその他の器官で老化を逆行させ若返らせることに成功しているという。たとえば、「老化によって視力を失った盲目のマウスは、ニューロンが脳に向かって働かなくなりますが、そのニューロンを若い頃にリセットすることで、マウスは再び目が見えるようになる」(シンクレア博士)そうだ。

 ただ、目に腫瘍や幹細胞を作らずに、部分的に年齢を戻す方法はこれまで知られていなかったが、シンクレア博士は、胚の遺伝子をウイルスで送り込むことによって、それを可能にしたという。現在は老化したマウスの脳を“リセット”し、学習能力を取り戻させることにも成功しているそうだ。

画像は「getty images」より


 シンクレア博士によると、人間の寿命に限界があるという考えは全く間違っており、生物が寿命を迎えて死ななければならない道理はないという。

「何千年も生きている木がありますが、その生物化学は私たちのそれとほとんど同じです。何百回も身体をリセットして、何千年も生きることは可能だと思います」(シンクレア博士)

 遠い未来の技術のように聞こえるが、シンクレア博士は、人体実験を2年以内に行うと自信を見せている。もしかしたら私たちが生きているうちに何千年も生き続けられる「ほぼ不老不死」が実現するかもしれない。

 何千年とは言わないまでも、もう一度人生をやり直せるだけの時間をとり戻せるなら素晴らしいことだ。また、寿命が伸びれば伸びるほど、誰もが資源の枯渇や気候変動を真剣に考えるようになるだろう。シンクレア博士の今後の研究にますます期待したい。

参考:「Daily Mail」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

■2021年11月29日~12月5日「今週の不幸を回避し...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【ガチ】まじやばい、人間の寿命が数千年に!!! 不老不死を叶える“遺伝子リセット実験”2023年開始(最新研究)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル