実在した「顔のない男」が都市伝説に…“グリーンマン”についての13の悲しい真実と正体!

 夜道を歩く緑色の怪物がピッツバーグの子どもたちを震え上がらせていた。都市伝説“グリーンマン”について13の真実があるという。

■“グリーンマン”についての13の真実

“グリーンマン”または“顔なしチャーリー”は、多くの不気味な物語に登場する名前の1つである。1950~60年代にペンシルベニア州西部で育った地元の人々は、夜道を歩く“怪物”の話を語り伝えられている。

“都市伝説”となったグリーンマンだが、彼はレイモンド・ロビンソン(1910-1985)という名前の実在の人物である。そしてこのグリーマンにまつわる13の事実があるという。

“グリーンマン”ことレイモンド・ロビンソン 画像は「Wikipedia」より

1.レイモンド・ロビンソンは不幸な事故の犠牲者である
 レイモンドは子どもの頃、鳥の巣を間近で見ようと電柱に登った。その電柱が支えている電線の電圧は特別に高いもので、人を感電死させるにじゅうぶんなものであった。実際にその前年に同じ電線で別の少年が感電死している。

 電線に触れて感電し瀕死の状態で病院に運ばれたレイモンドであったが、奇跡的に助かることになる。しかし残念ながら、彼は治療の過程でひどく傷つき、目と鼻、片方の腕を失ったのだ。

2.ドアマット、財布、ベルトの製造を生業としていた
“グリーマン”も仕事をしていた。ペンシルベニア州ビーバー郡のコッペルに親族と共に暮らしていたレイモンドであったが、生計の足しにするためにドアマット、財布、ベルトを作って売っていた。隣人と話すことはあまりなかったという。

3.夜の散歩が日課だった
 その外見のため、日中に外出することはめったになかったレイモンドだが、夜が更けてからの散歩が日課であった。もっぱら州道351号(Route 351)を杖を突きながら長時間歩いていた。

 夜の散歩中のレイモンドを目撃した人の中には、“モンスター”ではないかとショックを受ける者も少なくなく、その恐ろしさが語り伝えられ“グリーンマン”の都市伝説が生まれたのだ。

「Museum Facts」の記事より

4.散歩中に多くのトラブルに見舞われた
 レイモンドに同情する人もいれば、酷く扱った者もいた。彼はしばしば車に乗せられて遠く離れた場所で降ろされる体験をし、何度も暴行を受けている。

 車に接触する交通事故にも何度も遭っている。そのためレイモンドは車が近づいてくる気配を感じると歩みを止めていた。

 幾人かの心無い人々はビール瓶に排尿してそれをレイモンドに与えることさえした。勧められるがままに瓶を傾けて酷い目にあったレイモンドはその後、一度栓を抜いた瓶を渡されても飲むことはなかった。

実在した「顔のない男」が都市伝説に…“グリーンマン”についての13の悲しい真実と正体!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル