「医学的にも精神医学的にも説明つかない」「内側から傷」超エリート医師が“ガチなエクソシスト経験”暴露

 「悪魔祓い」というと、カトリック教会における門外不出の秘儀のようなイメージがある。だが、最近では科学的アプローチも実践するようになり、悪魔の気配がますますハッキリしてきているという。今回は、知られざる現代エクソシストのリアルをご紹介しよう。

■精神科医が“エクソシスト”のアドバイザーに

 リチャード・ギャラガー博士は、ニューヨーク医科大学の臨床精神医学教授であり、コロンビア大学でも教鞭をとる公認精神科医だ。そんなエリート医師の彼には、まったく“別の顔”がある。エクソシスト御用達の精神科医なのだ。2014年にローマ教皇フランシスコが教会法上の公的認可を与えた「国際エクソシスト協会」に、科学的アドバイザーとして所属している。

 博士自身はエクソシストでないが、これまでにも数多くの超常現象をかいくぐり、悪魔祓いで苦慮する聖職者たちの頼みの綱になってきたという。

 精神科の医師が、なにゆえエクソシズムと関わり合うようになったのか。すべては今から25年前に遡る。ある神父から「目に見えないフォースに襲われていると訴える女性がいる。精神科医としての意見を聞きたい」と連絡が入った。ギャラガー博士はカトリックを信仰してはいたものの、正直懐疑的な気分で現地へ向うことに。

「Yahoo! News」の記事より


 だが、患者を診た瞬間、戦慄が走った。彼女の身体には複数のアザが浮き上がっていたからだ。しかも内側から……。過去の虐待や精神疾患の記録、妄想もない。彼女は夫とともに敬虔なカトリック教徒であり、これは悪魔の仕業と言い募っている。

「医学的にも精神医学的にも説明のつかない状態でした。そして、彼女は完全に正気だったのです」(ギャラガー博士)

 患者は精神疾患に苦しんでいるのか、悪魔に取り憑かれているのか。極度の緊張の中、博士はついに「彼女の怪我には医学的な原因がなく、悪霊に襲われている」と確信。こうして、患者に必要な助けであれば、それがたとえ悪魔祓いであっても、医学者の使命として手を差し伸べると誓ったのだという。エクソシスト従属ドクター誕生の瞬間だった。

「医学的にも精神医学的にも説明つかない」「内側から傷」超エリート医師が“ガチなエクソシスト経験”暴露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル