臨死体験「生きるか死ぬかの選択肢を聖霊から与えられた」究極の二択を言い渡された男

関連キーワード:

,

,

,

画像は「Getty Images」より

 死後の世界が存在する証拠として取り上げられることの多い臨死体験。科学的な説明はほとんどされていないが、心停止の状態から蘇生した人の4〜18%が臨死体験を報告していると言われている。体外離脱、トンネルを通る経験、まばゆい光の経験など、体験される現象には地域に関係なく一定の傾向があり、統計的な研究も進められている。

 ところで、日本では死者は生前の行いに応じて閻魔大王に極楽行きか地獄行きか裁かれるという物語があるが、生きるか死ぬかの選択を自らに託された臨死体験者の体験談が海外で報告された。英紙「Daily Star」(10月5日付)が報じた。

 ポッドキャスト「Coast to Coast」に出演した作家のキース・トンプソン氏は、20代の頃にハワイで溺死しそうになった時に、臨死体験をしたと話した。

「体外離脱の経験はありませんでしたが、下を見ると、水の中で苦しんでいる人がいて、その人が私だったので、自分が体外離脱したのだとわかりました。穏やかで、落ち着いていると感じました」(トンプソン氏)

画像は「Getty Images」より

 その後、トンプソン氏は「キリスト教で天国と呼ばれる場所によく似た場所」に自分がいることに気づいたという。そして、「人生の中でずっと一緒にいたような、深い存在感との交流があった」と主張した。

「その存在は『あなたは何を選ぶのか』と言った。それは、この言葉にならない美しさを持つ無限の場所に留まるかどうかということでした」(トンプソン氏)

キース・トンプソン氏。画像は「Coast to Coast am」より

 しばらく考えたトンプソン氏だが、この素晴らしい慰めの感覚を地上での生活に持ち帰りたいと思い、戻ることを選んだという。すると、気がついたら自分の体に戻っていて、近くの岩の上にいる友人のそばにいたそうだ。

 他にもトンプソン氏は典型的な臨死体験の現象を体験しており、「急速に人生が一望でき、すべてが調和しているような感覚があり、光とトンネルがあった。説明できないような光の存在を見たり、祖父母を見たり、交流した」と話した。

 それほどまでに素晴らしい死後の世界だったが、トンプソン氏は生き続ける選択をしたことを今まで後悔したことはないという。

参考:「Daily Star」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

臨死体験「生きるか死ぬかの選択肢を聖霊から与えられた」究極の二択を言い渡された男のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル