人喰いチンパンジー「フロド」が人間の赤ん坊を惨殺した恐怖事件! “正真正銘の悪魔”だった猿の一生とは!?

人喰いチンパンジー「フロド」が人間の赤ん坊を惨殺した恐怖事件! 正真正銘の悪魔だった猿の一生とは!?の画像1画像は、「The Sun」より

 今から20年前、タンザニアの国立公園を歩いていた母娘がチンパンジーの成獣に襲撃され、赤ん坊が奪われ殺される事件が起きた。体の一部を食べられた赤ん坊の遺体が木から発見され、母娘を襲ったチンパンジーの「フロド」を殺処分してほしいという訴えが広まった。

 フロドは1976年6月30日、タンザニアのゴンベ渓流国立公園で生まれた。英国の人類学者で霊長類学者のジェーン・グドール博士の紹介で、ゴンベ・チンパンジー・コミュニティの一員として有名になったチンパンジーである。グドール博士は、当時息子に読み聞かせていた『ロード・オブ・ザ・リング』の主人公にちなんで、このチンパンジーをフロドと名付けた。

 フロドが生まれた時期はゴンベ・チンパンジー戦争の真っ只中だった。この戦争は1970年代に公園内の敵対関係にある2つのチンパンジーコミュニティの間で4年間続いた紛争である。

 フロドの母親であるフィフィは、公園内で支配的な地位にあるチンパンジー夫婦の一組で、フロドを含む9匹のチンパンジーを出産した。フロドは幼い頃からいたずら好きでトラブルを引き起こし、グドール博士がフロドとその母親を研究している間に博士のノートと双眼鏡を奪い取ることもあった。グドール博士はBBCのインタビューでフロドを「正真正銘のいじめっ子」と表現したほどだった。

人喰いチンパンジー「フロド」が人間の赤ん坊を惨殺した恐怖事件! 正真正銘の悪魔だった猿の一生とは!?の画像2画像は、「The Sun」より

 フロドは成長するにつれて大きくなり、体重は最大55キロになり、コミュニティで最も重いチンパンジーの1匹となった。石を投げるのが上手く、驚くべき正確さで人間に石を投げつけた。観光客に突撃し、殴りつけ、押し倒すこともあった。果ては岩を転がす方法まで学んだのだった。

 フロドは、ゴンベ渓流国立公園に生息するチンパンジーの頂点の座をめぐって、兄のフロイトとの間で激しい権力闘争を繰り広げていた。フロイトはチンパンジーのボスだったが、フロドは兄の座を奪おうとしていた。両者のリーダーシップのスタイルは大きく異なっていた。フロイトは同盟を築き、他の群れの個体を支配下に置こうとした。一方、フロドは攻撃性と強さに頼った支配を行っていた。フロドは熟練したハンターで、1990~95年の間に、彼の群れの領土にいるコロブスサルの10%を殺して食べたとされる。フロドはさらに強大な権力を求め、メスのチンパンジーを完全に支配するために兄と争った。

 1997~2003年、フロドは、毛包虫症で病気になったフロイトを倒し、ついに群れのボスとなった。しかし、フロイトとは異なり、友情ではなく恐怖によって群れを支配したため、他の群れからは嫌われていた。結局、フロドは寝ている間に他のチンパンジー全員から見捨てられた。

 フロドはたびたび人間に危害を加えてきた。1988年、フロドはゴンベ渓流国立公園を訪れていた漫画家のゲイリー・ラーソン氏を殴り、腕で激しく引っ張った。翌年にはグドール博士を攻撃し、危うく首の骨を折るところだった。

 ゴンベ渓流国立公園を訪れたミネソタ大学人類学教授のマイケル・ローレンス・ウィルソン博士は、フロドとの最初の出会いについて「彼はたやすく(相手に)ダメージを与えることができたかもしれないが、誰が一番偉いのか示すかのごとく振る舞いました」と説明した。

人喰いチンパンジー「フロド」が人間の赤ん坊を惨殺した恐怖事件! 正真正銘の悪魔だった猿の一生とは!?の画像3画像は、「The Sun」より

 そして2002年5月15日、ルキア・サディキさんは姪(当時16)と赤ん坊の娘ミアサちゃん(当時14か月)と一緒にゴンベ渓流国立公園を歩いていた。ルキアさんは公園の係員と結婚しており、フロドのことを知っていた。そのフロドが木々の間から飛び出し、ミアサちゃんを奪ってジャングルに姿を消したのだった。ルキアは2004年にBBCのドキュメンタリー番組「ホライゾン」で「突然の攻撃に圧倒されました。チンパンジーは赤ちゃんを背中に縛っていた布を解き、子供を奪って逃げて行きました」と語った。

 捜索後、公園の監視員によって木に座っているフロドが発見された。監視員が近づくと、フロドは逃げ出し、そこには恐ろしいものが残っていた。ミアサちゃんは殴打されて死亡し、遺体は引き裂かれ、一部が食べられていたのだ。

 フロドによるミアサちゃんの殺害は世界中に衝撃を与え、マスコミはフロドを「悪魔の猿」と呼んで殺処分するよう呼びかけた。同番組でグドール博士は次のように語った。

「フロドは人間の乳児を殺しました。しかし、私たちは長い間ずっと、何かが起こるだろうことを予測していました。チンパンジーはハンターで、ゴンベでは彼らの好きな獲物はサルの乳児です。人間も他の種類の霊長類にすぎません」

 当時、ゴンベ渓流国立公園のチンパンジー研究責任者だったシャドラック・カメニア博士は次のように説明した。

「今回の事件におけるフロドの行動は、チンパンジーの本能的な狩猟行為の一部と思われます。彼らにとっては、人間の赤ん坊がコロブスサルやヒヒのような他の種の幼獣に見えたのでしょう」

人喰いチンパンジー「フロド」が人間の赤ん坊を惨殺した恐怖事件! 正真正銘の悪魔だった猿の一生とは!?の画像4画像は、「The Sun」より

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

人喰いチンパンジー「フロド」が人間の赤ん坊を惨殺した恐怖事件! “正真正銘の悪魔”だった猿の一生とは!?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル