「年末の厄落とし方法」を話題の悟り系霊能者が解説! 溜まった邪気を清算して2023年を飛躍の年に!

関連キーワード:

,

,

,

「年末の厄落とし方法」を話題の悟り系霊能者が解説! 溜まった邪気を清算して2023年を飛躍の年に!の画像1
画像は「Getty Images」より

 戦争、疫病、天災、そして大事件…… 想像もしなかったような艱難辛苦が次々と押し寄せる昨今、スピリチュアル界隈で熱い注目を集めるペアがいるという。「悟り系霊能者」ことMaaya氏と、そのパートナーで現代気功師のShin氏だ。人々から寄せられる“目には見えない世界”にまつわる数多くの相談に応じてきたという2人は、長年にわたる探求の結果、「宇宙純粋意識領域」と呼ばれる超高次元との接続に成功。定期的なセッションの他、近年はYouTube等を通して広く一般にその意義を発信している

・「宇宙純粋意識領域」の詳細についてはトカナ過去記事

 例年にも増して波乱だらけだった2022年も終盤に差し掛かってきたが、今回はお2人に新年を迎える前に行っておくべき「厄落としの方法」を教えてもらった。

――そもそも厄落としの“厄”とは何なのでしょうか?

「年末の厄落とし方法」を話題の悟り系霊能者が解説! 溜まった邪気を清算して2023年を飛躍の年に!の画像2

Maaya 厄を語る前に一つだけお話しさせてください。我々は2009年より「二元論超越」というお話をさせていただいております。

 私は幼少期から鋭敏すぎる波動感知、場に繋がる能力が高すぎたため、この地球生活は苦労だらけでした。そして、克服のきっかけとなったのは「二元論超越」でした。善も悪もない、清も濁もない、そんな境地に自身の意識アンテナを伸ばしたとき、長年の問題は解決に向かいました。その関係上、「厄は悪い」「邪気は汚い」というような感覚は持っておりません。

 しかし、世間の皆様にご理解いただける言語を用いませんとコミュニケーションが図れませんので、多くの皆様に馴染みのある言葉を用い、「厄落とし」「邪気祓い」としております。

 さて、厄とは皆さんがわかりやすい言葉で一言にまとめると邪気でしょうか。「邪」を辞書でひくと「よこしま」「正しくない」「心がねじけている」「まがっている」「よくない」「有害である」とあるように、邪気とは好ましくない「気」と言えますね。

Shin 厄=邪気を私たちの言葉で言い換えると「負の情報」です。負の情報による秩序の乱れ、これが運気を下げます。

 こんなイメージで捉えてください。血液が血管を流れていますよね。普段は滞りなく全身を巡っている血液ですが、心臓や血管に穴が開いたら血液の循環に支障が出ます。このような秩序の乱れが、負の情報を溜めてしまい、運気を下げてしまう原因となります。

Maaya いまShinが説明したようなことを会社の経営者の方々は、経験的に理解されていて、東京商工会議所が主催するイベントで私たちが邪気祓い、厄落としをしたところ、大変人気だったんです。

 会社に邪気=負の情報が溜まってくると、経営者の方にも負の情報が溜まっていくからか、会社の問題だけでなく、経営者個人の運気も低迷してきます。

 ですから会社の厄落としは企業だけでなく経営者個人にとっても良いことだと考えています。

 以前、ある店舗に私の開発した「宇宙の泉」を四隅に置いて、邪気を祓い、場を整えたことがあるのですが、数日後にオーナーの方が「あれは一体なんなんですか?」とすごい勢いで話しかけてこられました。なんでもお店でとても良いことが立て続けに起こったみたいです。夜の飲食店や日光が当たらない、風通しが悪い場所に構えているお店は秩序が乱れやすいんですよ。

――邪気=負の情報が溜まっている時はどんなことが起こりますか?

Maaya 私たちの知り合いにCさんという方がいるのですが、負の情報の塊でした。そういう人はちょっとした不運が連続して起こるんです。たとえば、毎回プリンターを壊してしまったり、Cさんと電話がつながった瞬間に私どもが乗っていた車がエンストしたり、一緒に行こうとしたお店が臨時休業だったり、出前したら違うものが届いたり、とにかく運が悪い。

 負の情報が多い場所や人の厄落としをすると私たちもダメージを受けるのですが、Cさんの場合はもうこちらがへとへとになってしまって翌日は動けなくなるぐらいです。Cさんは負の情報の波が大きいので、こちらの正の情報の波が飲まれてしまうんですね。

「年末の厄落とし方法」を話題の悟り系霊能者が解説! 溜まった邪気を清算して2023年を飛躍の年に!の画像3

Shin 私の場合、日常生活で一番わかりやすいのはタイプミスが多いときです。それから、やたらと脚を家具にぶつけてしまうことってありますよね。そういう時も自分の身体イメージと実際の動きがかみ合わなくなる秩序の乱れが起こっています。あとは、過去に囚われている時です。これは経験の良し悪しに関係ありません。良いことでも悪いことでも過去に意識が向かってしまっている時は負の情報が溜まっていることが多いです。

Maaya それから、何をしてもとにかくうまくいかないことが多くなります。とある女性と手作りの酵素ジュースを作ったのですが、私の作ったものはしっかり発酵しているのに、彼女の方は発酵しないんです。その方は負の情報が溜まっていたんでしょうね。発酵しない=健やかに育たない、つまり秩序が乱れているとも言えます。

 また、iPhoneをよく壊す人がいるのですが、それも1つの兆候です。これは経験的なことなので、理由はわかりません。しかし、Appleの製品は他メーカーの製品よりも負の情報の影響を受けやすいようです。

 他にもこんなことがあります。私たちの販売しているアクセサリーを注文されるとします。ある方だけの商品だけ製作が出来ない、ということがあります。アクセサリー担当の方が製作するのですが、何度やってもゴムが切れてしまい、作れない。5度、7度それが続く。これは大きな負の情報を抱える方に、正の情報である高次元エネルギーをお届けしようとしたから、かみ合わなかったのでしょう。真逆の情報は差異がありすぎて合わないことがあります。

――自分でできる厄落としはありますか?

Maaya 私たちのYouTubeの映像を流していただくだけでも効果があります。

 他には負の情報=邪気が溜まりやすい行動を避けることです。人の悪口や愚痴をよく聞いてしまう優しい方は特に注意してください。悪口や愚痴というのは負の情報です。それを受け入れている人は、いわば他人の負の情報=邪気のゴミダメになっているようなもの。

 負の情報に対して同調・同情することは自分が負の波に同調してしまうことになります。ですから不平・不満を聞くのであれば覚悟して下さい。日本人は特にガマンをしやすいので吐き出すことも大事です。ちょっと嫌なことがあったら、何もないところに向かって悪態をついてみるのもお勧めです。これならひと様に迷惑もかけないし、自分の中に負の情報を溜めすぎることもありません。

Shin もう1つ効果的な方法は12月31日に1年分の不満を紙に書き出して、その紙を換気扇の下で燃やしてしまうんです。とにかく負の情報を吐き出してしまうことが大事です。

 また、大晦日には「年末の厄落とし」といって私たち2人で30分ずつ1時間かけて17の浄化技を遠隔でさせていただきますので、こちらをご利用いただくのも良いと思います。今年1年で溜まった厄をすっきり清算して、2023年はさらなる飛躍の年にしましょう!

ーーありがとうございました!

●年末の厄落とし
2022年 ☆大晦日特別企画☆『企業 厄落とし』
https://maayavillage.ocnk.net/product/4674
2022年 ☆大晦日特別企画☆『MV厄落とし』
https://maayavillage.ocnk.net/product/4675
2022年 ☆大晦日特別企画☆『MV厄落とし』ペット専用
https://maayavillage.ocnk.net/product/4676

・ Maaya公式ブログ 
https://ameblo.jp/maya-happy-life/

・ 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCkfzslsUPTRjW9UqdRV7Uog

TOCANA編集部

TOCANA|UFO、心霊、予言など未知の世界の情報を発信、好奇心と知的欲求を刺激するメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

「年末の厄落とし方法」を話題の悟り系霊能者が解説! 溜まった邪気を清算して2023年を飛躍の年に!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル