【未解決事件】洗われた死体、7つの針跡、抵抗の痕跡なし…! エリート弁護士の殺害をめぐる謎

 疑わしい犯人が目の前にいながら無罪放免となり迷宮入りするという奇妙な事件がアメリカで起こっている。エリート弁護士はなぜ殺されたのか。そして彼の死体を洗った「3人の友人」はなぜ殺人犯と断定されなかったのか。以下、ロバート・ウォン殺害事件を紹介する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ こちらの記事は2020年5月4日の記事を再掲しています。

 2006年、32歳のロバート・エリック・ウォンは、全てを手にしていた。彼は名声高いペンシルベニア大学ロースクールを卒業し、アジア太平洋アメリカ法曹協会の会長候補であり、ワシントンDCのやり手弁護士だった。そして、バージニア州オークトンに美しい家を持ち、妻キャサリンと幸せな生活を送っていた。

 彼は有能ですでに成功者で、この若者の未来は限りなく明るく見えた。しかし、そこには潜んでいる恐ろしい暗い影があったのだ。ロバート・ウォンは、ワシントンDCの歴史の中で、最も奇妙な未解決の謎の1つになってしまったのだ――。

【未解決事件】洗われた死体、7つの針跡、抵抗の痕跡なし…! エリート弁護士の殺害をめぐる謎の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

ゲイコミュニティの家屋で殺人事件

 2006年8月2日、ロバートはワシントンDCのオフィス街で、かなり遅い時間帯まで「Radio Free Asia」の法務顧問の仕事をしていた。ロバートは、オークトンの家まで疲れた身体で運転して帰るよりも、弁護士であり、大学時代の古い友人であるジョセフ・プライスの家に泊めてもらうことに決めた。

 友人のプライスは、同性愛者であることを公言している同性愛者の権利弁護士であり、2人の男性、ビクター・ザボルスキーとディラン・ウォードと住んでいた。ロバートはゲイではなかったが、ゲイに対して何の偏見もなかった。ロバートが、ワシントンDCのローガンサークル地区にある、プライスのタウンハウスに到着したのは、午後10時30分頃であった。

【未解決事件】洗われた死体、7つの針跡、抵抗の痕跡なし…! エリート弁護士の殺害をめぐる謎の画像2
左からビクター・ザボルスキー、ディラン・ウォード(別名「ディラン・トーマス」)、ジョー・プライス(別名「ジョー・アンダーソン」) 「Washington Blade」の記事より

 ロバートが到着してから約1時間後、隣人が驚くほどの悲鳴をあげたザボルスキーがパニック状態で緊急通報の911に電話をかけた。今宵の客人であるロバートが何者かに刺されて血だらけになって倒れていたのだ。ザボルスキーはあちこちに血が流れていることを、気がおかしくなったように電話で説明した。

 オペレーターは、救急隊員が到着するまで、彼と電話で話し続けた。到着した救急隊員は、2階の寝室で折りたたみ式ベッドの上に横たわったロバートの死体を見つけた。死体には胸部と腹部に3つの刺し傷があり、完全に絶命していた。ロバートの死体は、きちんと頭の下に枕が置かれ、シーツもすべて清潔で折りたたまれていた。ベッドには、格闘の兆候はまったくなかった。

 ザボルスキーが緊急通報で叫びながら伝えていた内容とは違い、実際には現場には血はほとんど流れておらず、遺体は洗われたように見えた。ベッドの足元には、ロバートの所持品のブラックベリー、携帯電話、時計、歯用ナイトガード、現金入りの2つの財布などがすべてあった。ベッドの横には、血まみれのナイフとタオルが置かれたテーブルがあり、ナイフはおそらく殺人で使われた凶器だと思われた。

 警察は、ロバートがこの家のどこかで刺されて殺された可能性が高い、そしてベッドの状態を考えると、死体は一度洗われて、ベッドに寝かされていたという一応の結論に達した。

“プレイ”中の共犯なのか?

 遺体を詳しく調べたところ、彼は確かに死後に洗われた形跡があり、腕には説明のつかない7個の針跡があり、性的暴行を受けた可能性があるという証拠もあった。

 これらについて質問されると、3人は自分たちが寝ている時にロバートが殺され、そして彼の体を洗って2階に動かしたのは彼らだったことを認めた。当局はこの証言にまったく納得せず、彼らはすぐに3人に嫌疑をかけた。

【未解決事件】洗われた死体、7つの針跡、抵抗の痕跡なし…! エリート弁護士の殺害をめぐる謎の画像3
「Mysterious Universe」の記事より

 もう1つ奇妙なのは、友人が刺殺されたばかりだというのに、3人とも驚くほど落ち着き払っていて、警察に対して協力的でないことだった。当局からすれば、彼らはロバートを殺し、警察到着前に犯罪現場を片付けたようにしか見えず、彼らは決定的な容疑者と見なされた。

 その後、犯罪現場はより徹底的に捜索され、ロバートの遺体に対して完全な剖検が行われた結果、いくつかの事実が判明した。

 まず、家には、SM関連のさまざまな道具があり、検死官はロバートが物理的に拘束され、これらの道具の一部が使用されたという証拠を裏付けた。3人の容疑者は断固として否定したが、誰かが血のついた服を洗濯機で洗ったという証拠もあり、ベッド近くで見つかったナイフは、実際の凶器でないこともわかった。

 ロバートの腕にあった針跡は、ロバートが抵抗できないように、彼らがある種の薬物を使用した注射痕だと推測された。刺し傷は、被害者が反撃したり、身を守ることができない状態で、刺されたのは明らかであった。

 これらが出そろったにもかかわらず、容疑者に殺人容疑をかけるにはまだ不十分で、代わりに彼らは司法妨害と証拠改ざんの容疑で裁判にかけられた。

【未解決事件】洗われた死体、7つの針跡、抵抗の痕跡なし…! エリート弁護士の殺害をめぐる謎の画像4
イメージ画像:「Getty Images」

3人に無罪判決、事件は迷宮入りに

 ゲイ・コミュニティの活発なメンバーであった3人の男性の訴訟は、世間の注目を集めた。特に3人の被告人は社会的に成功しており、ザボルスキーはマーケティング担当副社長として「got milk?」キャンペーンをリードし、またプライスは著名企業で法務顧問を務め、LGBTの権利関係者の間で有名な人物でもあった。

 裁判では、検察官は3人の被告がロバートに麻薬を与え、性的暴行をし、殺害したと述べた。3人はロバートを殺したのは侵入者だと頑として言い張ったが、誰かがそこに潜入し、ロバートを殺し、犯罪現場を掃除し、誰にも気付かれずに去ることは不可能であると思えた。

 証言を拒否し続けた3人は、2010年に全員が無罪となった。後に、裁判長のリン・レイボビッツは、少なくとも3人の男性は、ロバートを殺した人物を知っていることはほぼ確実であるが、疑いを超える十分な証拠がなかったと嘆いた。

 3人が、夫の殺害に関与していたことを確信したロバートの妻キャシー・ウォンは、真実を知るために、彼らに対して民事訴訟を起こした。しかし、3人の男性は8月の夜に起こったことについて、質問に答えることを繰り返し拒否した。キャシーと彼女の弁護士は、彼女の夫に実際に何が起こったのか、決して知ることができないという事実に向かい合った。

 結局、キャシーと弁護士は、訴訟を解決することを決定し、それにより3人の男性から和解金を回収した。男たちはその後、ワシントンDCの家を売り、南フロリダに引っ越した。彼らは、長年の高額な法的費用と和解金でほとんどの資産を失ったと推定されている。

 事件後、プライスは名前をジョセフ・アンダーソンに変更し、ウォードはディラン・トーマスに改名したことが、メディアで報道された。

 ロバートの弁護チームは、訴訟はお金の問題ではなかったと語る。得た和解資金は、ロバートの家族と母校であるペンシルベニア大学ロースクールの間で分配され、市内の住民に法的援助を提供するプロジェクトに使われるという。

 事件の5年後、弁護士のオフィスでキャシー・ウォンは「私はこの決定に非常に安心しています」と語った。

 キャシーは事件後、ロバートが背徳的な性生活を密かに興じていたなどのあらぬ中傷を受け、ひどいうつ病にかかり、長い間ベッドで過ごしていたという。しかし、「私は前進しています。私の人生の次の40年間は、善に焦点を当てて過ごしたいと思っています」と静かにインタビューに答えた。

参考:「Mysterious Universe」「Washington Post」Gawker」「Washington Blade」ほか

関連キーワード:, ,

文=三橋ココ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

今夜21時からの『世界ふしぎ発見!』(TBS系)は、国内テレビ初取材となる台湾の...

2023.04.22 07:00スポット
爆弾魔「ユナボマー」と交流した日本人学者の考察 IQ167の天才が送った「異常な手紙」とは?

爆弾魔「ユナボマー」と交流した日本人学者の考察 IQ167の天才が送った「異常な手紙」とは?

19時から放送される「世界の何だコレ⁉︎ミステリー」(フジテレビ系)では、FBI...

2023.03.15 10:45事件
『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

【未解決事件】洗われた死体、7つの針跡、抵抗の痕跡なし…! エリート弁護士の殺害をめぐる謎のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新