【未解決】ディアトロフ峠よりヤバい「ハマル=ダバン事件」とは?ロシア山中で6人が次々怪死! 唯一の生存者は不可解証言

 ロシアでの遭難事故といえば1952年のディアトロフ峠事件が有名であるが、ハイカーグループが山中で不可解な死を遂げた事件はまだ他にもある。その一つが1993年8月に起きたハマル=ダバン事件である——。

【未解決】ディアトロフ峠よりヤバい「ハマル=ダバン事件」とは?ロシア山中で6人が次々怪死! 唯一の生存者は不可解証言の画像1
イメージ画像 Created with DALL·E

 1993年8月2日、登山インストラクターのリュドミラ・コロヴィナ(41)率いるグループ7人は、ブリヤート共和国ムリノにやってきた。目的は風光明媚なハマル=ダバン山脈でのトレッキングで、数カ月前から綿密な計画を立ててトレーニングを行なっていた。メンバーはリュドミラの教え子たちで、子供の頃から可愛がってきたアレクサンドル・クリシン(23)を筆頭に、タチアナ・フィリペンコ(24)、デニス・シュヴァチキン(19)、ヴィクトリヤ・ザレソバ(16)、ティムール・バパノフ(15)、ヴァレンチナ・ウトチェンコ(17)と若者ばかりだったが、いずれもリュドミラの訓練で十分鍛えられており、チームワークもばっちりだった。

 天気予報の予想も晴れで、一行は幸先の良いスタートを切った。最初の2日は快晴で、気持ちの良い夏の山の中を予定よりも進むことができたという。だが8月4日、事態は急転。天気予報は外れ、冷たい雨が降り始めたのである。天候は悪化し、一行は大雨が止むのを待つしかなくなってしまった。

 一行は木の生えていない斜面でキャンプすることになったのだが、近くに森があったにもかかわらず、なぜリュドミラがこんな場所を選んだのかはわからない。皆、服も荷物もびしょ濡れで、この日は火を起こすこともできなかった。とはいえ、メンバーは体力溢れる若者ばかりで、翌朝は元気に出発した。

【未解決】ディアトロフ峠よりヤバい「ハマル=ダバン事件」とは?ロシア山中で6人が次々怪死! 唯一の生存者は不可解証言の画像2
イメージ画像 Created with DALL·E

 この日、一行はリュドミラの娘ナタリアが率いる別グループと合流する予定だった。ナタリアのグループは無事合流地点に到着し、夜遅くまでリュドミラグループを待った。だがいつになってもリュドミラたちは姿を表さず、ナタリアは悪天候で引き返したのだと考え、自分たちだけで先に進むことに決めた。この時点でナタリアは母たちの無事を疑っていなかったが、リュドミラグループはその後行方不明になってしまった。

 8月10日、ハマル=ダバン山脈のふもとの川でカヤックを漕いでいたグループが、河岸でたたずむ女性を発見した。女性は全身乾いた血に塗れた明らかに不審な姿で、カヤックを降りた人たちが声をかけようと近づくと、うまく話すことさえできない興奮状態に陥っていた。最終的に警察に保護された女性は、自分がヴァレンチナ・ウトチェンコで、他の6人と登山中に遭難したとようやく明かしたのである。

【未解決】ディアトロフ峠よりヤバい「ハマル=ダバン事件」とは?ロシア山中で6人が次々怪死! 唯一の生存者は不可解証言の画像3
一行の予定ルート By BrifyjekOwn workThis file was derived from: Baikal.A2001296.0420.250m-NASA.jpgbased on the map at https://dyatlovpass.com/hamar-daban, CC0, Link

 ヴァレンチナの報告があったにもかかわらず、当局は8月24日まで公式な捜索を行わなかった。ヴァレンチナはまだ詳しい証言をできる状態ではなかったため、ヘリコプターがリュドミラたちの遺体を発見するのに2日かかった。司法解剖では、リュドミラの死因は心臓発作、他のメンバーは低体温症で死亡したと報告された。メンバーの肺は傷ついており、栄養失調によるタンパク質の欠乏も見られたといい、その死は偶発的なものだったと結論づけられたのである。

 こうして悲しい事件は幕を下ろした。しかし、たった一人生き残ったヴァレンチナが数年後にようやく話し始めた事の顛末は、公式報告よりもはるかに奇妙で非常に恐ろしいものだったのである。

突然、目、鼻、口から出血、けいれん…

 8月5日、ナタリアグループとの合流予定日の朝、リーダーのリュドミラは悪天候からこれ以上進むことは危険だと判断、一行は山を降りることにしたという。だがその時、アレクサンドルに異変が起きた。突然口から泡を吐いたと思ったら、口、目、鼻から出血し始めたというのだ。そしてけいれんを起こすとばったり倒れ、そのまま死んでしまったのだという。

 おかしなことに、彼を介抱していたリュドミラにもアレクサンドルと同じような症状が現れ、アレクサンドルと折り重なるように倒れてしまった。そのリュドミラを助けようとしたタチアナもけいれんを起こし、這いずるように岩に登ると、なぜか頭を繰り返し打ち付けて死んだ。

 仲間3人が次々死んでいく恐ろしい光景を見て、デニスは岩の影に隠れ、ヴィクトリヤとティムールは走って逃げ出した。しかしヴィクトリヤとティムールも、やがて3人と同じように血を吐いて喉をかきむしり、服を脱いで死んでしまった。信じがたい事態に、ヴァレンチナは足がすくんで立ち尽くすばかりだった。

 やがてヴァレンチナはデニスと共に現場から逃げ出したが、すぐにデニスもけいれんを起こしてしまった。ヴァレンチナはデニスを置き去りにして、一人山を駆け下りた。

【未解決】ディアトロフ峠よりヤバい「ハマル=ダバン事件」とは?ロシア山中で6人が次々怪死! 唯一の生存者は不可解証言の画像4
イメージ画像 Created with DALL·E

 幸いにも服とテントだけは持っていたヴァレンチナは、現場から十分に離れた森の中でテントを張って一人夜を過ごした。目が覚めて、まだ自分が生きていると知った彼女は、生存のために仲間のもとに戻り、必要物資を補給しなければならないことに気づいた。恐る恐る現場に戻ったヴァレンチナは、仲間全員が前日と同じ場所に倒れて死んでいることを確認した。必要な物資だけを持って、彼女はすぐさまその場所を後にした。

 それからヴァレンチナは山の中の送電線を辿って歩き続けた。4日ほど歩くと川にたどり着き、川沿いを歩いているところをカヤックのグループに保護されたのである。

 ヴァレンチナの証言は、当然多くの人々の注目を集めた。なぜ6人は人里離れた山奥で奇妙な死を遂げなければならなかったのか、その原因について、毒キノコを食べてしまったという説やバイカル湖から流れてきた汚染水を飲んだためという説、果てはおなじみエイリアン説まで、様々な仮説が提唱されている。

 その中で有力とされているのは、軍による生物化学兵器の実験に巻き込まれたという説である。ただ、夏のハマル=ダバン山脈は人気の登山スポットであり、ロシア国内にはもっと人のいない場所があるのだから、多くのハイカーが訪れる場所でわざわざそんな危険な実験をする必要はないという反論もある。さらに、なぜヴァレンチナだけが生き残ることができたのかという疑問も残される。

 一度は話始めたヴァレンチナであるが、その後は事件について証言することを一切断っているという。登山中、リュドミラたち6人に一体何が起きて、なぜ死ななければならなかったのか? その理由は今も謎のままだ。

参考:「Mysterious Universe」「Medium」ほか

 

※当記事は2021年の記事を再編集して掲載しています。

TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

【未解決】ディアトロフ峠よりヤバい「ハマル=ダバン事件」とは?ロシア山中で6人が次々怪死! 唯一の生存者は不可解証言のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング17:35更新