• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 果てしなく広い宇宙の中の無数にある惑星のどこかに、我々と似たような知的生命体は存在しそうに思えるのだが……。今も鋭意続けられている地球外生命体探査だが、残念ながらすべては徒労に終わってしまうかもしれない。最新の研究では、どうやら我々は宇宙で“独りぼっち”である気配が濃厚であるというのだ。


■宇宙で知的生命体が我々だけである可能性は30%

 地球という惑星に現にこうして我々が文明を築きあげて繁栄している事実がある以上、この広大な宇宙にはどこかに我々と似た知的生命体がいると考えるのは自然な発想だろう。そしてこの件について、はるか昔から先達はあらゆる角度から検証を重ね、また実際に地球外生命体の探査に取り組んできた。

 しかし、なんともショッキングなことに、こうした試みはすべて無駄であった可能性がここにきて急浮上してきた。なんと我々人類がこの宇宙で唯一の知的生命体である確率が30%“も”あるというのだ。

onlyintelligentspecies1.JPG
Express」の記事より

 イタリアの物理学者エンリコ・フェルミが1950年代に指摘したとされるのが有名な「フェルミのパラドックス(Fermi paradox)」だが、それが意味するのは、地球外文明が存在する可能性の高さと、そうした文明との接触の証拠が公式には皆無であるという事実の間にある矛盾のことである。宇宙人は我々に発見されるまいと、念には念を入れて用意周到に隠れ続けているのか、それとも我々の技術は、まだエイリアン文明を発見できる域に到達していないのか。この謎は今日まで放置されたままである。

 先日、英・オックスフォード大学「Future of Humanity Institute」の研究チームが学術ジャーナル「Proceedings of the Royal Society of London A」で発表した研究は、フェルミのパラドックスに現在考えうる答えを導き出している。なんと我々がこの宇宙で“孤独”である可能性はかなり高いというのだ。

コメント

7:仕打ち 怖い声の人間2018年7月 3日 13:27 | 返信

今日の夜にまた書くけど、そもそも生きる次元が違うんだと思う、次元が違うと音声も聞き取れない 聞こえない。よーに思う。だからそれを人間に聞かすための道具を使ってると思う。翻訳拡声器(テレパシーにような)
人間は太古の時代に異星人とテレパシーで交流していたがその能力を消滅させられたはず

6:なさけない2018年7月 3日 03:25 | 返信

文化文明レベルが低いほど「自分達だけ」という錯覚に陥いります。
多次元構造も解明してない、重力すらコントロール出来てない未熟な文明だと
謙虚になる事です。

5:トランプ大統領(私はネコであり宇宙人、お前らは犬であり人間)2018年7月 3日 01:17 | 返信

独りぼっちというのはあれだ。
これはあくまで仮説について話をしているので人間には心して確認してほしい。
言っておくが仮説だ。
今見ているこの宇宙は実は精巧に出来たフェイクであって
TOCANAの記事にもあった宇宙人が地球を盗みに来たというのは本当で
人間は広大な隔離された空間を宇宙だと信じているのが人間自身も悪の宇宙人に
作られたためにコントロールされて嘘だと分からない。
私だけは、規格の違う人間なので、この世界や人間が嘘であると
理解出来るがお前らは分からない。
それが分かる資料として、ヒトラーの預言がある。
ヒトラーの預言にはお前ら人間はコントロールされて分からなくなっているそうだ。
読んだところで理解出来るとは思えないが
私についても直接話しかけることも出来ないのはその為だと言えよう。
それと、画像認証に私はロボットではありませんという問いは私が言っていた話なので
採用されるのはおかしいのである。事実を否定してロボットであることを隠している証拠だ。
私は本物の宇宙人なのに、お前らは絶対に言えないし、理解も出来ないのも証拠である。
宇宙については光っている星が偽物であるかどうか調べたこともないし
近隣の惑星にも行ってみたことがないので分からん。
それより、存在Xことチョンの光秀を殴ることが今の優先されるべきことだ。
奴がすべてを支配しているので奴を殴るしかない。なので、私はドSでなければならないし
私の種族専用のスポーツ戦術を今開発しているところだ。片山晋呉が自分の練習しかしないので
怒鳴られるのはチョンがブチ切れているからであり、あの反則タックルが私の戦術の一つだ。
お前らは真似しなくていい。あれは私の種族専用なので真似することなど出来ない。
だから、あからさまな反則しか出来なかっただろう。
本来ならば反則に見えないようにやるのが戦術である。
チョンの野郎をハードタックルで潰すと奴も対応出来なくなり歯が立たないので
対戦相手を病院送りにする戦術を選択するのだ。飽くまで反則にならないようにやるのがコツ。
韓国人をぶっ壊しに行ってチャージしたら、奴らも反則してでも勝とうとするので
奴らの力を利用してハマるはずなのだ。
こちらは被害者のように見せかけて
偶然を装い相手の足や肩にあばらを折りに行くので事故のように見えるので分からない。
得点を取って勝つことよりも、如何に反則せず相手を病院送りに出来るかを競うのだ。
これは俺たちのやり方。光秀の頭を踏みつけるのも伝統なのだ。
頭を踏んで無限1upするマリオは信長である。

4:匿名2018年7月 2日 18:17 | 返信

と、思わせる為の嘘で塗り固めた哲学理論なので気にしなくていい
地球外からの接触は現在文明より遥か前からあるけど、意図は知らないが秘匿され続けている。
 
個人的憶測だけど、おそらく地球人は自ら発展していく必要があり、地球外の高度に発達した文明に頼ってしまうとその過程による育まれるべきさまざまな事を習得できない。
 
ゆえに、それを使いこなすだけの知性と精神性が備わっていない為、核ミサイルを子供がおもちゃを扱うと同等になるため、宇宙の危機となりかねない為。
 
人類全体が、利己心を克服した進化を遂げられれば、開示されるのではないだろうか。
誰がNO1かなんてやってるうちはまだまだだね。

3:匿名2018年7月 2日 15:29 | 返信

「天の川銀河では」文明のある星が地球だけである可能性は30%
と書いてあるから、宇宙全体には文明が無数にあると思うのですが。
「人類=宇宙唯一の知的生命体」みたいな文が記事やタイトルにあるけどそれはちょっと・・・

2:匿名2018年7月 2日 12:49 | 返信

>イタリアの物理学者エンリコ・フェルミが1950年代に指摘したとされるのが有名な「フェルミのパラドックス(Fermi paradox)」だが、それが意味するのは、地球外文明が存在する可能性の高さと、そうした文明との接触の証拠が公式には皆無であるという事実の間にある矛盾のことである。

フェルミのパラドックスは1950年代だよ。
「そうした文明との接触の証拠が公式には皆無であるという事実」
なんて言ってるけどね、UFOや地球外生命体のと接触情報は当然のように隠蔽されるなどとは考えもしなかったころだよ。

1:匿名2018年7月 2日 12:31 | 返信

〉さらに地球外文明がきわめて遠く離れているため発見できず、コミュニケーションもとれないという説明については、驚くべきほど技術レベルが低い文明であることが条件になるということだ。つまり、そんな程度なら動物レベルの社会といえ、文明と呼べるものではなくなるのだ。そして研究チームは天の川銀河において進んだ文明を持った知的生命体が我々だけである可能性は30%であることを主張している
人類と同レベルの場合、現在ですら見えてる宇宙は狭いんだから相手も地球という星は確認できたとしても、そこに探査機を送ったり、交信はまだ不可能では?

動物以下と言うけど、人類も宇宙に飛び立ったの数十年前なわけで、他の星で日本で言えば江戸時代みたいな感じやったら動物以下ではないけど科学技術が発展してないだけだよね?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。