「トリノの聖骸布」はやはりフェイクなのか!? 槍で突かれた脇腹から流れるイエスの血が… 最新“血痕分析”の結果がヤバすぎる!

 イエス・キリストが磔にされ亡くなった後、その遺体を包んだとされる布が「トリノの聖骸布(せいがいふ)」だ――。


■“トリノの聖骸布”は本物なのか?

 トリノの聖骸布は、4.4×1.1メートルの象牙色の亜麻布の上に、身長180センチの痩せた男性の全身像の痕跡がうつり、頭部や手首、足、脇腹部分に血痕が残っているものだ。

「トリノの聖骸布」はやはりフェイクなのか!? 槍で突かれた脇腹から流れるイエスの血が… 最新血痕分析の結果がヤバすぎる!の画像1トリノの聖骸布 画像は「Wikipedia」より

 14世紀半ばに発見され、いくつかの所有者や保管場所の変換を経て1578年にトリノへと移動された。

 聖書にはイエスが鞭打たれ、両手・両膝に釘を打たれて磔にされ、その死を確かめるために更に胸の右側を槍で突かれ……と、その死亡時の詳細な記述があり(ヨハネ19・1他)、上等な亜麻布に包まれたとされている(ルカ23・52)ことから、聖骸布はキリスト教徒にとって非常に重要な聖遺物のひとつである。

 イエスの体が亜麻布に包まれた後の3日以内に血が流れ落ち布に染み込んだ、とも言われているが、その真偽をめぐっては過去には幾度となく激論が交わされてきた。

 背景には過去数十年の間に鑑定が数回行われているが、それにもかかわらずなんとも不確かで混乱する結果となってしまうことが続いている。例えば布の赤いしみは酸化鉄を含んでいるが、それが顔料なのか血液なのかは科学的な分析でもまだはっきりと判断が下せていない。

「トリノの聖骸布」はやはりフェイクなのか!? 槍で突かれた脇腹から流れるイエスの血が… 最新血痕分析の結果がヤバすぎる!の画像2キリストの頭部部分 画像は「Wikipedia」より

 一方で1988年に考古学などで資料年代推定に用いられる放射性炭素年代測定が行われた結果では、布自体の織布期は1260年~1390年の間の中世であると推定されている(測定方法に疑問が残るとしてヴァチカンは否定)。

■トリノの聖骸布の生成過程を“現場検証”

 行き詰まりを見せていたこの聖骸布だが、研究者たちは今回、全体のしみが血痕だと仮定する場合にいくつかの矛盾点があることを指摘し、法医学技術を駆使したさらなる分析を開始した。

 調査を行ったのは、英リバプール・ジョン・ムアーズ大学の法医学人類学者マッテオ・ボリーニ氏と、イタリアの有機化学者であるルイージ・ガルラシェリ氏。調査ではボランティア(人間)やマネキンを用い、左手、前腕、聖書の記述に槍で突かれたとある脇腹の傷から出た血液の流れと胴付近の血痕にフォーカスするという、新しい手法をとった。

 研究用に提供されたヒトの血液と、同様の流体特性を持つ合成血液の2種類の血液を用意し、血痕分析(BPA)と呼ばれる技術を駆使し、それぞれ異なる位置から血液の流れる方向と流れ方を詳しく調べたのである。

「トリノの聖骸布」はやはりフェイクなのか!? 槍で突かれた脇腹から流れるイエスの血が… 最新血痕分析の結果がヤバすぎる!の画像3Science Alert」の記事より

 ボランティアの手首に細いチューブを挿入して、立った状態で左手が木の十字架に打ち付けられた時に血が前腕にどうしたたり落ちていくか、布の上で仰向けに横たわった状態ではどうかを調べ、槍の傷についてはマネキンを使用したという。

 その結果、木の十字架上でのテストは明確な結果が得られなかったが、布の上で見られた血液の流れ方については、体の想定された位置(聖骸布のようなしみの配置)とは全く異なるものとなった。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

「トリノの聖骸布」はやはりフェイクなのか!? 槍で突かれた脇腹から流れるイエスの血が… 最新“血痕分析”の結果がヤバすぎる!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル