西成のサウナよりヤバイ!? 台湾の奇寺「金剛宮」に行ってみた! 死んだ男の目から手、のこぎりで足を切断も…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

 そしてその先の仏教コーナーに行き着いた。どうやら施設の端っこにあたるようだ。

 中に入ると、どーんとブッダが寝転がっていた。ブッダが入滅する様子を描いた涅槃像なのだが、あまり死んでいく感じはしない。全身金色で髪の毛は抜けるようなブルー、半笑いで半眼である。どうにもテレビを見ている非リア充な大学生っぽい顔だ。目の前に巨大なポテトチップスの袋を置いてあげたくなった。

西成のサウナよりヤバイ!?  台湾の奇寺「金剛宮」に行ってみた! 死んだ男の目から手、のこぎりで足を切断も…!の画像21

 そして圧巻だったのが、羅漢像である。おそらく五百羅漢の彫刻群だと思う。五百羅漢は、仏陀の入滅のさいに集まった弟子たちだが、大体は半裸の初老の人たちである。たぶんあんまり風呂も入ってない臭い人らだ。

西成のサウナよりヤバイ!?  台湾の奇寺「金剛宮」に行ってみた! 死んだ男の目から手、のこぎりで足を切断も…!の画像22

 そのオッサンらが、ところせましとズラ〜っと並んでいるのは、彫刻とはいえなかなか気持ちが悪い。混んでいる西成のサウナに入ってしまったような錯覚を覚えた。

西成のサウナよりヤバイ!?  台湾の奇寺「金剛宮」に行ってみた! 死んだ男の目から手、のこぎりで足を切断も…!の画像23

 かなり大きい施設だったし真夏に行ったこともあって、羅漢像コーナーを見終わった頃にはかなり汗をかいていた。

『最近は人気のスポットになっている』と聞いていたのだが、館内にいる間には10人くらいしかお客さんは見なかった。

 周りを気にせず、のんびりと観覧できたのは楽しかった。

 入り口の様子の通り、仏教、道教、ヒンドゥー教が入り混じったなかなか壮絶なお寺だった。

西成のサウナよりヤバイ!?  台湾の奇寺「金剛宮」に行ってみた! 死んだ男の目から手、のこぎりで足を切断も…!の画像24

「神様なんてわけがわからない」と思うかもしれないが、台湾の漢字は簡略化していない繁体字なので、日本人にもだいたい読むことができる。その場でスマートフォンを使って検索すれば、どんな神様なのかわかって楽しい。

 中には日本のサイトでは一切ヒットしない神様もいた。漫画を描いている人などで、「まだ日本人が気づいていないレアな神様を見つけたい!!」って思ってる人にはオススメかもしれない。

文=村田らむ

村田らむ
ライター、漫画家、カメラマン、イラストレーター
1972年生まれ。キャリアは20年超。ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教組織、富士の樹海などへの潜入取材を得意としている。著書に『ホームレス大博覧会』(鹿砦社)、『ホームレス大図鑑』(竹書房)、『樹海考』(晶文社)など。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年3月24日 18:17 | 返信

呑精大將が「我が子を食らうサトゥルヌス」にしか見えない。天国とは。

地獄でもみんな赤いスカーフ巻いてるのが、ついうっかりセーラー服に見えて変な趣味に目覚めそうだった。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。