「北海道地震はCCSが関係」鳩山氏の発言は本当にデマなのか!? 科学ライター寄稿「論文の存在、調査の必要性、裏の陰謀…」

「北海道地震はCCSが関係」鳩山氏の発言は本当にデマなのか!? 科学ライター寄稿「論文の存在、調査の必要性、裏の陰謀…」の画像1
画像は「HTBニュース」より引用

■鳩山さんのブッ飛び発言に列島衝撃!

鳩山由紀夫元首相のツイートが波紋を広げている。

「米陸軍の調査では、CCSの15キロ離れた辺りで地震が頻発したという。昨年の北海道の厚真地震は正に苫小牧の隣町で起きた。CCSによって起こされた人災との指摘は無視できないと思う(一部抜粋)」(2019年2月2日)

「国会論戦で中越地震・中越沖地震はCCSによって引き起こされた可能性があるとされ、長岡のCCSは中止となったのであろう。更に北大の研究者が地震誘発の可能性があると論文を書いている(一部抜粋)」(2019年2月22日)

 人工的に地震が引き起こされる!? 2月21日21時22分頃、北海道の胆振地方中東部を襲った地震(M5.8、最大震度6弱)とタイミングが重なったこともあり、一連のツイートが話題となると道警は即座に「デマ認定」。ホリエモンこと堀江貴文氏は「早く消えて無くなった方がいいかも」などと口撃し、鳩山氏の発言は大いに炎上したのだった。

 かねてより、鳩山氏はオカルト・陰謀論的な発言で世間をたびたび賑わせてきた。そして、陰謀論者の間では、地震兵器によって阪神淡路大震災や3.11が起こされたと囁かれている。そんな文脈で、今回の鳩山氏のツイートには即座に「根拠のない与太話」というレッテルが貼られてしまった。「飲み会のネタにはいいかもしれないが、政治家のように責任ある立場の人が口にすることではない」というわけだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ