【新元号】改元にまつわる超ディープなトリビア5選! クリスマスが日本に定着した理由も、実は… 亜留間次郎が徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

●大誤報事件

【新元号】改元にまつわる超ディープなトリビア5選! クリスマスが日本に定着した理由も、実は… 亜留間次郎が徹底解説!の画像2
大正15年12月25日讀賣新聞

 大正15年12月25日午前1時25分、大正天皇は48歳で崩御しました。この時、毎日新聞新元号「光文」と書かれた号外と朝刊を発行し、これに追従する形で新聞各社も12月25日の朝刊で、崩御と同時に新元号「光文」を大々的に報道しました。

【新元号】改元にまつわる超ディープなトリビア5選! クリスマスが日本に定着した理由も、実は… 亜留間次郎が徹底解説!の画像3
大正15年12月25日讀賣新聞

 しかし、これが完全な誤報だったために大惨事となりました。

 大正15年12月25日の日の出と共に、全国で新元号「光文」と書かれた朝刊が配達されました。その配達が終わった午前11時ごろ、宮内庁から新元号は「昭和」との公式発表があったのです。

 フライングで大誤報を飛ばした新聞各社は、大恥どころの騒ぎではありませんでした。

 慌てて訂正の号外を出したり、夕刊や翌日の朝刊で訂正謝罪記事を載せたり大騒ぎです。読売新聞にいたっては、謝罪などせずに昨日の新聞を無かったことにして、翌日の新聞に昭和と載せています。

 先陣を切って誤報を飛ばした毎日新聞社社長の本山彦一が辞任するかという騒ぎになりましたが、中間管理職と下っ端の首が切られただけで社長本人は辞任せず、昭和5年には貴族院議員になっています。

 当時は情報伝達が未熟で、朝刊のみで夕刊を出さない新聞社が多かったことなど諸事情が重なった結果、地方では誤報であることが充分に伝わりませんでした。そのため、戸籍に「光文元年12月25日生まれ」と書かれてしまった子供が続出しました。

 もちろん後から慌てて訂正したのですが、当時の手書き文書では訂正が追いつかず、戦後になってからも戸籍謄本が光文元年12月25日生まれになっていた人が発見されて、江戸時代の生まれかと悩むハメになったという珍事も起きています。

 誤報ではなく、新元号が漏洩したのを問題視した宮内庁が慌てて昭和に変更したという陰謀論もありますが、現代の歴史研究家の間では否定されています。

コメント

2:匿名 2019年3月31日 06:10 | 返信

適当ばっか

1:匿名 2019年3月31日 02:50 | 返信

新元号は『安倍』に決定しました!(嘘)良かったね!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。