樹海で自殺者撮影のユーチューバーが「地球平面説は正しい」と主張? 洗脳されるファン出現の危険…南極探検で新たな波紋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 一昨年末、アメリカから来日したユーチューバーの炎上騒動を覚えているだろうか。ローガン・ポールと弟ジェイクは、富士の樹海で死者を冒涜する動画投稿を行い、世界中からバッシングを受けた。当然だ。しかし、その禊を済ませたらしい彼らは、すでに次のプロジェクトに着手していたのだった――。

 

■ローガン・ポール「地球は真っ平ら」

 2018年11月、アメリカのコロラド州デンバーでは「地球平面国際会議(Flat Earth International Conference)」という奇妙な集会が催されていた。創設者のロビー・デビッドソン氏が各国のフラット・アーサー(地球平面説を信じている人)たちに声をかけ実現した。会場を埋め尽くす観衆が見守る中、舞台にはあのローガンの姿があった。

 彼は真剣な面持ちで声明を発表したという。「地球は真っ平ら」だと。

樹海で自殺者撮影のユーチューバーが「地球平面説は正しい」と主張!  南極探検で新たな波紋の画像1
「Alien UFO Sightings」の記事より

 地球が球体であることは常識であり、科学的にも証明されているのだが、ローガンは異議を唱える。「地球は平面である。それをこの目で確かめて科学的に実証する」と息巻く。そのために、あろうことか南極まで遠征しようというのだ。弟のジェイクも「地の果てまで行って、俺がしっかと見届けてやる」と言い出す始末。

 さらに、ローガンは地球温暖化からロズウェル事件、ビッグフットの目撃情報に至るまで、新旧の陰謀説を引き合いに出し、「科学者たちは、真実を覆い隠そうとしています。我々を黙らそうとしている」と糾弾。

コメント

6:匿名 2019年4月16日 12:57 | 返信

>> 5

瞑想法は熟達するには時間がかかりすぎる上、自分で勝手に「熟達した!」と勘違いする者もいるためこれで世の中を変えるとなるとあまりに無理があると思う。
.
それよか、ホ・オポノポノはどうだろう?
これなら素人でもできる上、世の中に広めている先生方は被験者に会わずとも病気を治したり問題を解決したりと実績もある。創始者はハワイ政府から功績が称えられ人間国宝にまでなった。
この先生方がやってることは皆いわゆる量子力学というやつだ。

5:匿名 2019年4月16日 12:26 | 返信

世界中を支配している闇の世界政府の企みで今の人類は地獄のような世界で暮らしているのは確か。
しかし量子力学の発達により瞑想や祈りをする事により、対象である権力者に良い影響を与えることが証明されている。
現実にある地域の人口の1%が瞑想を実践したとき、その町の犯罪率が急激に低下したという情報が上がっていた。
これ以上人類が苦しみ抜いた果てに絶滅しないよう世界の支配者や政治家に瞑想でテレパシーを送ろう。
それが唯一世界最終核戦争で人類破滅を阻止する方法になる。

4:中二漢国人 2019年4月15日 20:26 | 返信

平面でもいいし、球体でもいいし、私たちになんの影響があるか。。。。

3:匿名 2019年4月15日 12:56 | 返信

>> 1

同感だ。
地球などもはや刑務所か家畜小屋だ。
いや、刑務所や家畜小屋のほうがまだマシかもしれない。生命としての尊厳がまだ与えられているから。
宇宙船か何かに乗って他の星に移住するしか生き残る術はない。非現実的だが。

2:匿名 2019年4月15日 12:06 | 返信

株式会社フラットアース

1:匿名 2019年4月15日 11:20 | 返信

>彼は真剣な面持ちで声明を発表したという。「地球は真っ平ら」だと。
 
それは私も同感だ。
「地球なんて、まっぴらだ。
陰謀だらけで、嘘や隠蔽に満ちている地球なんて、
まっぴらごめんこうむりたい。」

コメントする

中二漢国人のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。