「75歳以降の人生は生きるに値しない」米著名医師が主張! 人間の晩年は無価値か…大論争に!

 年を重ねた人間の人生の価値とは、何だろうか? この質問に、米国の著名な医師エゼキエル・エマニュエル博士が、「人は75歳までで人生を終えてよい」と発言し、全米で論争を巻き起こした。

■「現代人はあまりにも長く生き過ぎている」

「75歳以降の人生は生きるに値しない」米著名医師が主張! 人間の晩年は無価値か…大論争に!の画像1
エゼキエル・エマニュエル博士 「Express」の記事より


 米国の腫瘍学者かつ生命倫理学者のエゼキエル・エマニュエル博士は、「ザ・アトランティック」誌に、「私はなぜ、75歳で死ぬことを望むのか」という挑発的なエッセイを寄稿した。

 エマニュエル博士は、ペンシルベニア大学の医療倫理および健康政策の責任者であり、オバマケア(オバマ政権で成立した医療保険制度改革法)成立を主導した人物であったため、この寄稿文は大きな論争となった。

 その寄稿文でエマニュエル博士は、自分が75歳になったら医学的介入、抗生物質、および予防接種さえも拒否すると宣言した。博士は積極的に75歳で人生を終えるつもりはないが、寿命を延ばすつもりもない。

 そして、高齢のアメリカ人が身体的に衰退した状態で、あまりにも長く生き過ぎているとも述べる。90代で健康な人という例外もある一方、大多数の人々はそうでないからだ。

 エマニュエル博士は最近のインタビューで、寿命の延長をサポートしない理由について次のように話している。

 人々は1980年代初期、将来人間はより長く生き、より良い健康状態を保つだろうと考えていた。つまり人間は70歳になっても、50歳の時のようにいられるだろうと考えていた。しかしデータを見てみると、それは間違いであり、実際には、より多くの障害を抱えた老人の数が増えているという。

 そして博士は、「最も重要な問題は、認知機能の生物学的衰退だ。本当に賢い人々を見ても、75歳を過ぎてから新しい書籍を執筆したり、自身が思想家としてトップを走れるような新分野を実際に発展させたりしている人は多くない」と話す。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ