「日韓の飛び降り自殺スポット」を村田らむが比較してみた! 8年間で1000人超え…和歌山のあの絶景も!

 ソウル市とサムスン生命は、2012年に「自殺橋」を「生命の橋」にするべくプロジェクトを開始した。橋の欄干に、ハングルのメッセージが書いてあるのだ。

「日韓の飛び降り自殺スポット」を村田らむが比較してみた! 8年間で1000人超え…和歌山のあの絶景も!の画像4

 翻訳してみたところ、

「コーヒー飲まない?」

「ご飯食べた?」

「疲れてない?」

「ゴリラの血液型は全部B型」

 などのメッセージが書かれていた。

「日韓の飛び降り自殺スポット」を村田らむが比較してみた! 8年間で1000人超え…和歌山のあの絶景も!の画像5

 言葉をかけることで、死から気をそらさせようとしているのだろう。

 なるほどねえ、と思って見ていたら、急に真っ赤なグロ画像が現れた。タバコのパッケージに肺がんの写真を載せるみたいな感じで、自殺死体の写真を載せて自殺をやめろ!! と訴えるのか? ずいぶん乱暴なやり方だなあ……と思いよく見てみると、大盛りのキムチの写真だった。他にもトッポギなど韓国ならではの赤い料理の写真が載っていた。

「日韓の飛び降り自殺スポット」を村田らむが比較してみた! 8年間で1000人超え…和歌山のあの絶景も!の画像6

 食べ物の写真を見たら

「わあ、お腹空いた……。死ぬ気なくなった!! ご飯食べよ!!」

 という風に誘導しようという策だろうか? 見つけた直後は「バカバカしい」と思ったものの、でも意外と効くのかも? と思い直した。

 じゃりン子チエでばあさんが

「人間に一番悪いのは腹がへるのと寒いゆうことですわ」

 って言ってたのを思い出した。

 その他にも、銅像や監視カメラ、救急電話などが設置してあった。そしてそれらには、マジックペンで様々なメッセージが書かれていた。おそらく自殺を止める暖かいコメントがほとんどだろう。

「日韓の飛び降り自殺スポット」を村田らむが比較してみた! 8年間で1000人超え…和歌山のあの絶景も!の画像7

「日韓の飛び降り自殺スポット」を村田らむが比較してみた! 8年間で1000人超え…和歌山のあの絶景も!の画像8

 人の優しさを呼んだ、このプロジェクトは評価されて、たくさんの賞を獲得した。

 それで、めでたしめでたし……とは終わらない。

 たくさん賞を取り、たくさん報道されたため、とても目立ってしまったのだ。結果的に、

「あそこに行けば、死ねる」

 という認識が広がり、自殺者が激増した。

「日韓の飛び降り自殺スポット」を村田らむが比較してみた! 8年間で1000人超え…和歌山のあの絶景も!の画像9

 2012年の段階では15件だった自殺者(未遂者も含む)は、2013年には93件、2014年には184件に増加した。

 とんでもない増加なのだが、助ける側も慣れたのかも知れない。2013年は93件の飛び降りがあって亡くなったのは5件、2014年は184件の飛び降りがあって亡くなったのは5件と、死亡者数自体は増えなかった。

 そして2016年、橋の欄干を1.5メートルから、2.5メートルへと1メートル高くし、飛び降りづらくすることにしたそうだ。

 いや、最初からそうしとこうよ。

「日韓の飛び降り自殺スポット」を村田らむが比較してみた! 8年間で1000人超え…和歌山のあの絶景も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル