健康な老人を襲う「老人喰い」ビジネスの実態!“怖い介護サービス”で急成長する優良企業とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

,

,

,

画像は「Getty Images」より引用

 

――本当にあったビジネスの怖い話! 実話を元に再構成しています。


 これは、現代社会の闇をほんの少しだけ垣間見たような、そしてほんの少しだけ怖い話だ。

「ワリのいい普通の仕事だとばかり思っていたんですよ」

 現在は都内で介護士として働くアケミさんは当時のことを思い出しながら話してくれた。

「なにしろ、その前の職場と比べてとてもゆったりと働ける仕事だったんですから」

 それまで高齢者向けの給食会社に勤務していたアケミさんは、あるとき取引先の課長さんから声をかけられた。

「あんたなかなか人さばきがうまいけど、別の仕事をやってみないかい?」

 というのだ。それは「資産家の高齢者を対象とした見守り介護サービスで、都内の高級住宅街に住む引退老人の自宅を定期的に訪問する」という新しい仕事だった。

 介護の現場は儲からないうえに激務というのが常識だ。以前の会社では朝6時に給食工場に出勤して、個人から介護施設向けまで大量の食事を作らされ、あらかたのメニューが出来上がったところで二人一組の配達要員となって軽トラックで担当地域の介護施設に食事を配って回る毎日だった。配達が終わる午後3時に帰宅したら、もうその日はぐったりというのがアケミさんの日常だった。

 ところが新しい職場では、仕事内容はぜんぜんゆったりとしたものだった。昼と午後、二軒の高齢者の自宅を訪問するだけ。しかも仕事の内容は聞いていた以上に楽だった。

 アケミさんは10時半に銀座の本部に出勤すると、デパ地下で指定されたお弁当と甘味を買って、担当エリアの世田谷方面に向かう。仕事は高齢者のお宅で、老人と一緒に昼食をとることだ。それが終わると別のお宅に向かって、今度は午後のお茶と和菓子を一緒に楽しむ。これが見守りサービスで、定期的にさびしい一人暮らしの老人の話相手になってあげるのだ。

「一流企業の部長だった人とか、所有する不動産の家賃で生活をしている人とか、いわゆる富裕層がお客さんでした。介護がまったく必要がない健康な人向けのサービスで『まだ大丈夫なうちは見守りだけをご提供します』と説明されていました」

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年10月26日 01:54 | 返信

なりきん
【成金】
もとは貧乏だったのが急に金持になった人。

都内一等地に庭付き平屋なら成金ではないだろ
令和の成金は武蔵小杉のタワマンが精一杯

5:匿名 2019年10月24日 18:46 | 返信

富裕層言うても閨閥に属してない成金なんてそんなもんよ

4:匿名 2019年10月24日 18:33 | 返信

概してネトウヨ老人。孫にも子にも相手にされず孤独感をネトウヨ記事で脳内オナニー。高給取りの管理職クラスもウヨ猿が多いが日々の同調圧力とプレッシャー、嫁や子供はカネ持ってきて当たり前で尊敬されるなど微塵もなく家族内でも孤独。ネット上にだけ自分の存在価値があるようでウヨ思想に傾倒。チョー鮮ガッコーガーだの在日ガーだのワメイて気分を紛らわす。集団の中にいても疎外された孤独な子供大人は世界を見ず、ひたすら内に内にと籠る。何の価値も無い自分に唯一みいだしたのは日本スゴいんだぞ幻想しか残されていなかった、ということでネトウヨジャップ猿の完成。クズ人間は簡単に出来上がる(笑)

3:匿名 2019年10月24日 09:44 | 返信

こういうの見ると富裕層も社会の歯車にしか過ぎないんだなぁと痛感するな
この銀行員やら「別動隊」やらも得意げにしてるけど穢れ仕事やらされてる立場に過ぎないしな
いざとなったら尻尾切りだ

2:匿名 2019年10月24日 07:11 | 返信

こんな仕事あるなら自分がやりたいわ

1:枯れかけた寂しい若者 2019年10月23日 19:23 | 返信

仕事は終わらない。。。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。