「宇宙の加速膨張もダークエネルギーも大嘘」オックスフォード大が最新研究で指摘! 過去のノーベル賞は間違いか、科学界に超激震!

「宇宙の加速膨張もダークエネルギーも大嘘」オックスフォード大が最新研究で指摘! 過去のノーベル賞は間違いか、科学界に超激震!の画像1

 2011年、ソール・パールマッター、ブライアン・P・シュミット、アダム・リースは、「宇宙の加速膨張」を発見した功績を認められ、ノーベル物理学賞を受賞した。もはや疑問を口にすることさえはばかられる天文学の常識中の常識だが、実は宇宙は加速などしておらず、全くの勘違いだった可能性が浮上している。科学ニュース「Physics World」(10月28日付)を参考に、天文学の常識を覆すかもしれない新研究をご紹介しよう。

 宇宙の加速膨張は、天文学上の距離を測定する際に用いられる標準光源である「Ia型超新星」と赤方偏移のデータから明らかになった。観測されたla型超新星の光度が期待されたよりも低く、その原因は対象が加速しながら遠ざかっているためだとされた。それに伴い、宇宙を加速膨張させている「ダークエネルギー(暗黒エネルギー)」も想定されることになった。そのわけはこうだ。

 宇宙全体の膨張速度は加速している。だが、普通に考えれば、時空は重力によって収縮しているのだから、膨張速度は減速していくはずだ。この常識外れの事態をなんとか解釈しようと導入されたのが謎に満ちたダークエネルギーである。ダークエネルギーは時空を押し広げる負の圧力、つまり斥力を持っており、これが宇宙空間を膨張させ続けているというわけだ。

「宇宙の加速膨張もダークエネルギーも大嘘」オックスフォード大が最新研究で指摘! 過去のノーベル賞は間違いか、科学界に超激震!の画像2
画像は「getty images」より

 加速膨張は標準モデルの中心的要素であり、これまで多くの研究が宇宙背景放射などから、それを裏付ける結果を出してきた。ところが、2015年、この絶対的常識に異を唱える論文を英・オックスフォード大学の物理学者スビール・サルカル氏と、デンマーク・ニールス・ボーア研究所の研究者らが発表したのだ。740ものIa型超新星のデータを精査し、ガスや塵による影響も考慮したところ、「加速膨張の根拠は有意ではない」という結果に至ったそうだ。

 同論文は科学誌「Scientific Report」に掲載されると、すぐに大きな反発を招いたが、今年10月18日に科学誌「Astronomy & Astrophysics」に掲載許可された論文で、加速膨張の根拠がさらに薄弱であることを示したという。それによると、加速膨張などというものは存在せず、ノーベル賞を受賞した3人の科学者は宇宙における地球の局所的な動きを宇宙の加速だと勘違いしていた可能性があるという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ