「全く壊れない骨を持つ謎の人々」に医学界も驚愕! 骨にドリルが通らない、時速60キロの衝突で無傷…!

関連キーワード:

,

,

,

,

「全く壊れない骨を持つ謎の人々」に医学界も驚愕! 骨にドリルが通らない、時速60キロの衝突で無傷…!の画像1
画像は「Mysterious Universe」より

 骨折は非常に痛い。さらに、痛いだけでなく、腕や脚が折れてしまうと日常生活が不便極まりない上、高齢者にもなればちょっとした転倒で骨折することもあり、人間の骨は地上の支配者とは思えぬほど脆く弱い。だが、世界には異常なほど体が丈夫な人がいるらしい。なんと、折れない骨を持つ“スーパーマン”が実在するというのだ!

 ミステリーニュース「Mysterious Universe」(1月31日付)によると、驚異的な強度の骨を持つ人々の存在がいくつも報告されているという。

 1994年、ジョンという人物は死んでもおかしくない大きな交通事故に遭遇したにもかかわらず、まったく無傷だったそうだ。しかもたまたま運が良かっただけではなく、病院で骨密度を測定したところ、なんと常人の8倍も密度が高かったというのだ。

 また、人工股関節置換術を受ける予定だったある男性は、骨があまりにも硬すぎてドリルが骨を通らず、あらゆる病院から手術を拒否されるという憂き目に。さらにさらに、クレイトン大学骨粗鬆症研究センターのマーク・ジョンソン氏らは、だれも骨折を経験したことのない米ネブラスカ州の一族を発見しているという。

 実はこれらの人物は米東海岸の同じ血筋にあることが分かっており、米イエール大学が彼らのDNAを分析したところ、骨粗鬆症に関係する遺伝子に変異が見られたという。11番染色体にLRP5と呼ばれる遺伝子変異があることで、外部からの刺激に対して骨が繰り返し強化される状態にあるとのことだ。同大学骨研究センター長カール・インソグナ氏も、「彼らは地球上最強の骨を持っています」と絶賛するほどの硬さだ。

「全く壊れない骨を持つ謎の人々」に医学界も驚愕! 骨にドリルが通らない、時速60キロの衝突で無傷…!の画像2
画像は「Getty」より

 だが、骨が強すぎることにはデメリットもあり、水に浮かない、神経の圧迫による頭痛、視覚や平衡感覚に問題が出ることがあるという。とはいえ、交通事故でもビクともしないほどの骨なら十分許容できるレベルのデメリットだろう。

 時速60キロでの衝突ダメージは、ビルの5階(地上14メートル)から落下することに等しいと言われている。この致死的な衝撃を生き延びるためには、身体構造を大きく変える必要がある。以前トカナでもお伝えした、交通事故で絶対死なない人間を実体化させて誕生した架空のスーパーヒューマン「グレアム」がそれだ。超巨大な頭部は、もはや人間のそれとは全く違う。

関連キーワード

コメント

4:匿名 2020年2月11日 16:12 | 返信

他の組織が破壊されては骨だけ丈夫でも意味が無い。
やり直し!

3:トランプ大統領 2020年2月6日 02:11 | 返信

σ(゚∀゚ )オレも骨には自信がある。一度も骨折したことが無いし、体はそんなに鍛えていないし、小さいが、元柔道部で二倍以上のデブにも体当たりで勝ったのでフィジカルコンタクトには自信があるぞ?骨が硬いので刺さって痛がっていた。なので、もしσ(゚∀゚ )オレの完全体が筋トレをして、宇宙人的な環境で育った場合は相当骨が硬くなって筋肉もしっかりしているので、格闘スタイルのフィジカルコンタクトで筋を切り、肉を裂き、骨を砕く、究極の殺人サッカーで相手を完全にノックアウトすることが可能であろう!正に魔法だ!何もしていないように見せて相手が勝手に大怪我してくれるのだ!勿論、反則やドーピングや八百長など一切ないのである。ビデオ判定でも見抜く事は出来んので、ノーファールであり、普通にフットボールをしているだけなので、罪に問う事は出来ん。格闘技においてもパンチ一発で頭蓋骨陥没で意識不明の重体にすることが出来るだろうし、ガードの上からでも腕の骨ごと脳を揺らすことが出来るであろう!σ(゚∀゚ )オレが完全体になった場合はそうなるということだ!見た目は童顔で弱そうに見えるが、中身は野獣なので、舐めてかかって返り討ちになる。ボブ・サップも範馬勇次郎も俺キャラなので、もしおっきい完全体クローンが出来たら、最強であろう!頭を鷲掴みにして持ち上げ、ブンブン回して叩きつけることも可能かもしれん。

2:匿名 2020年2月4日 23:48 | 返信

水に沈むとかリアルホネホネの実の能力者か

1:匿名 2020年2月4日 15:01 | 返信

リアルアンブレイカブル

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。