太古のアフリカに謎の「ゴースト部族」が存在していた! 8000年前の遺骨から発覚…日本人のルーツも!?

 人類発祥の地である太古のアフリカには、その足取りが今もよくわかっていない“ゴースト部族”がいたことが遺伝子解析の“消去法”で浮かび上がっている。広大なアフリカ大陸の中で、彼らはどこから来てどこへ行ってしまったのか。最近発掘された古代人のDNAから予期せずして“ゴースト部族”の手がかりが見つかったという。

■発掘遺体から完全なヒトゲノムデータを入手

 我々すべての人類の“故郷”であるアフリカだが、ここで暮らしていた太古の人類の足跡にはまだよくわかっていない側面も多い。

 アフリカ大陸に住む我々の先祖は、長い時間をかけていくつかの遺伝学的な系統に枝分かれしていった。遺伝子解析によりそれらの系統がどのような足跡をたどっていったのかが徐々にわかってきているのだが、その中には現代人につながってはいるものの、その足取りがよくわかっていない“ゴースト部族”がいる。彼らはどこから来てどこに住み、そしてどこに行ったのか。

 ずっと謎であった太古の“ゴースト部族”の痕跡が、最近発掘された古代人の遺体のDNAから見つかったことが報告されている。

「Mysterious Universe」の記事より


 新たな発見がもたらされたのは、カメルーン西部のシュム=ラカ(Shum Laka)遺跡からである。新たに発掘されたのは約8000年前と約3000年前に埋葬された計4人の子どもの遺伝子データだ。

 現在のカメルーンを含む中部アフリカ西部には数万年前から人類が居住していたことがわかっているが、この地を含むアフリカ大陸南部の人々に広く話されているバンツー(Bantu)語の文化もこの一帯に深く根ざしているものと考えられている。

 シュム=ラカ遺跡ではこれまでも埋葬された古代人の遺体がいくつも確認されているのだが、酸性の土壌の影響もあり極度に分解が進んでいてDNAの採取は困難であった。

 しかし今回発掘された子どもの4体の遺体の半数から幸運にも完全なヒトゲノムデータを入手することができたのだ。