太古のアフリカに謎の「ゴースト部族」が存在していた! 8000年前の遺骨から発覚…日本人のルーツも!?

 人類発祥の地である太古のアフリカには、その足取りが今もよくわかっていない“ゴースト部族”がいたことが遺伝子解析の“消去法”で浮かび上がっている。広大なアフリカ大陸の中で、彼らはどこから来てどこへ行ってしまったのか。最近発掘された古代人のDNAから予期せずして“ゴースト部族”の手がかりが見つかったという。

 

■発掘遺体から完全なヒトゲノムデータを入手

 我々すべての人類の“故郷”であるアフリカだが、ここで暮らしていた太古の人類の足跡にはまだよくわかっていない側面も多い。

 アフリカ大陸に住む我々の先祖は、長い時間をかけていくつかの遺伝学的な系統に枝分かれしていった。遺伝子解析によりそれらの系統がどのような足跡をたどっていったのかが徐々にわかってきているのだが、その中には現代人につながってはいるものの、その足取りがよくわかっていない“ゴースト部族”がいる。彼らはどこから来てどこに住み、そしてどこに行ったのか。

 ずっと謎であった太古の“ゴースト部族”の痕跡が、最近発掘された古代人の遺体のDNAから見つかったことが報告されている。

「Mysterious Universe」の記事より


 新たな発見がもたらされたのは、カメルーン西部のシュム=ラカ(Shum Laka)遺跡からである。新たに発掘されたのは約8000年前と約3000年前に埋葬された計4人の子どもの遺伝子データだ。

 現在のカメルーンを含む中部アフリカ西部には数万年前から人類が居住していたことがわかっているが、この地を含むアフリカ大陸南部の人々に広く話されているバンツー(Bantu)語の文化もこの一帯に深く根ざしているものと考えられている。

 シュム=ラカ遺跡ではこれまでも埋葬された古代人の遺体がいくつも確認されているのだが、酸性の土壌の影響もあり極度に分解が進んでいてDNAの採取は困難であった。

 しかし今回発掘された子どもの4体の遺体の半数から幸運にも完全なヒトゲノムデータを入手することができたのだ。

人気連載
あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

■あなたと好きな人の“距離感” 「好きな相手をイメージし...

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

コメント

1:トランプ大統領 2020年2月12日 21:58 | 返信

どういう経緯が有って、黒人から分岐するんだ?何万年経過したとしてもσ(゚∀゚ )オレには考えられん。そういう事にしているだけで、日本人はそこには含まれて無いと思う。天から降りてきて、地獄で閻魔大王をやっているのに、どうやって人間と関係があると言えるのだ?宗教的に破壊神であって、悪い人間を殺すのが仕事である。宇宙にルーツがあると思うし、日本の国旗からして地下世界由来の人種だろう。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。