「2020年3月20日に世界のゲートが閉まる」世界終了が濃厚に! 業界騒然…次元上昇アセンションで人類滅亡へ!

【悲報】「2020年3月20日に世界のゲートが閉まる」世界終了が濃厚に! 業界騒然…次元上昇アセンションで人類滅亡へ!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

◆新たなマヤ暦の終末論「2020年3月20日に人類滅亡」とは?

「2020年3月20日に人類滅亡」という噂が立ち上っている。

 ことの発端は、「2012年人類滅亡」で話題になった「マヤ暦の終末説」にある。古代マヤ文明で使用されていたマヤ暦が「2012年12月21日」に区切りを迎えるということから、その日に人類は滅亡すると解釈されたのだ。当時のオカルト・スピリチュアル界隈の騒動を記憶している人も多いだろう。

 しかし実際には、2012年12月21日の後は新たなサイクルとしてカレンダーが始まるというだけで、そこですべてが終了するというわけではなかったのだ。

 その後もマヤ暦の研究者により、「4年に一度のうるう年を考慮に入れていなかった」と計算ミスを訂正した「2015年9月3日人類滅亡説」が出され、その次は、マヤ暦と聖書の記述から考察した「2019年12月21日人類滅亡説」……。このように、「マヤ暦の終末説」は少しずつ修正を加えられており、人類滅亡の日はズルズルと延長されている。

 すでに賞味期限切れ気味の「マヤ暦の終末説」ではあるが、実は今、リバイバルしている。

 マヤ暦をフランスの科学者が計算し直すと、正しい終末の日は「2020年3月20日」であったという。さらにはこの日付は、インドのスーリヤ寺院に残されたインド暦の終わりとも一致していたのである。この予言によれば、オリオン座のベテルギウスで超新星大爆発が起きて、発生した強烈なガンマー線によりオゾン層が消滅、地球上が焼き尽くされて生物が死に絶えるという。

 過去の「マヤ暦の終末説」の示す人類滅亡の日にはことごとく何もなかったので、それゆえ、またか……と呆れる人も多いだろう。

 しかし、今回ばかりはあながちそうとも言えないのだ……! 滅亡研究家の白神じゅりこが考察する。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ