「宇宙の法則を解き明かした瞬間、この世は消えて別のものに置き換わる」気鋭の科学者が断言! パラレルワールドの存在も確実!

 人生は選択の連続だが、あの時に別の選択をした自分がいる“パラレルワールド”はあるのだろうか? 気鋭の理論物理学者によれば、パラレルワールドは確実に存在するという――。

■気鋭の理論物理学者「パラレルワールドは存在する」

 SF小説やアニメの設定としてもよく用いられるのが“パラレルワールド”や“並行世界”だが、これは空想の世界だけの存在なのだろうか。

 パラレルワールドの“元ネタ”は、1957年に発表されたアメリカの物理学者ヒュー・エヴェレットの論文にさかのぼるといわれる。エヴェレットは「多世界解釈(many-worlds interpretation)」という概念を持ち出し、この世界は刻々と枝分かれして今のこの瞬間にも無数のパラレルワールドが生み出されているのだと説明している。

 別の意思決定を下した“自分”が今も別の世界で生きている(死んでしまった可能性もあるが)と考えるのはなかなか愉快なことであるかもしれないが、なにぶんにも“枝分かれ”してしまった世界にいる状態から、パラレルワールドの存在を証明するのは理論上は不可能だ。物証があるとすればそれは“別世界”ではないからだ。

 したがってパラレルワールドの有無を考えるのはナンセンスなことで、もしあるにせよ今の自分にはまったく関係しない話ということにもなる。

 しかしそれでも、SFやアニメで魅力的なスト―リーが展開されるように、ある時不図、パラレルワールドのことが気になるかもしれない。物証は挙げようがないが、はたしてパラレルワールドは存在するのだろうか。

「宇宙の法則を解き明かした瞬間、この世は消えて別のものに置き換わる」気鋭の科学者が断言! パラレルワールドの存在も確実!の画像1
「NZ Herald」の記事より

 新進気鋭の理論物理学者の答えは“イエス”だ。米・カリフォルニア工科大学物理学部の理論物理学教授で、これまでに5つの著作を持つショーン・キャロル氏はきわめてシンプルにそう答えている。

 昨年9月に出版された著作「Something Deeply Hidden: Quantum Worlds and the Emergence of Spacetime」の中でキャロル氏は、一般的な物理学と量子力学を“統合”する必要はないと示唆している。それはなぜかと言えば、量子力学はこの世の“真実”であるからだという。

「私たちが現在知っている限りにおいて、量子力学は真実に近いものではなく、真実そのものです」(キャロル氏)

 “シュレーディンガーの猫”や“2重スリット実験”など、何かと不可解な量子論の世界だが、キャロル氏によれば量子力学の観点に立てばパラレルワールドが存在しなければならないのだという。

「想像した世界が存在するということではありません。(パラレルワールドが生まれるためには)従わなければならない方程式、物理的ルール、パターンがほかにもまだあります。従うことで存在が可能である代替世界(パラレルワールド)が実現します。しかし、そのすべてが生成されるわけではありません」(キャロル氏)

「宇宙の法則を解き明かした瞬間、この世は消えて別のものに置き換わる」気鋭の科学者が断言! パラレルワールドの存在も確実!の画像2
「NZ Herald」の記事より

 我々がまだ知らない量子論に属するメカニズムで、一定の条件がそろった時にパラレルワールドが形作られるということなのだろうか。ともあれパラレルワールドが存在すると断言している著名な理論物理学者がいるのは興味深い。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ