“意識”の謎を数学で解明! 宇宙から石ころまで「万物に意識存在説」統合情報理論(IIT)でついに証明へ!

 この宇宙に“意識”があるかもしれない――。だとすれば何を思い、何を感じているのか。そして人類のことをどう思っているというのだろうか。

■「統合情報理論」とは

 1000年前、人々は地球が平らだと思っていた。さらについ500年前までは地球を中心にして太陽などの天体が周っているという天動説が当たり前であった。

 今まで常識と思っていたものが180度ひっくり返る“パラダイムシフト”は人類の歴史の中でいくつか起こっているのだが、これがまさに今、起こっているのかもしれない。

意識の謎を数学で解明! 宇宙から石ころまで「万物に意識存在説」統合情報理論(IIT)でついに証明へ!の画像1
「Disclose.tv」の記事より

 起きている時の我々になぜ“意識”があるのか、サイエンスが今も解決できない謎なのだが、この問題がなんと「数学」で解明できるかもしれないというから驚きだ。いったいどういうことなのか。

 アメリカの神経科学者ジュリオ・トノーニ氏が提唱した「統合情報理論(Integrated information theory、IIT)」が本格的に脚光を浴びている。それというのも、このIITによって意識が説明できる可能性があるからだ。

 IITについて極めて平たく説明すると、たとえば野球のボールをキャッチャーめがけて投げるという行為はピッチングマシンでもできるが、キャッチャーのサインを見て、塁上のランナーにも気を配り、どんな球種でどのコースにどれくらいの速度で投げるかという行為は、各感覚器からインプットされた情報を“統合”できるピッチャーでなければできないだろう。こうした各種の情報の統合によって意識が生まれていると考えられるのである。

 そしてIITは、意識の量と意識の質を定量化し測定可能なものにしようとする試みで、覚醒時の脳活動を詳しく測定することで、この人物の意識の状態が計算で導き出せる可能性を示唆するものだ。つまり意識が計算可能であるという数学モデルである。

 人間の意識が計算可能なものであるとすれば驚くばかりだが、この理論によれば前出のピッチングマシンにも意識があるというからさらに驚かされる。それどころか物質やこの宇宙にも意識があるというのだ。

人気連載

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

今夜21時からの『世界ふしぎ発見!』(TBS系)は、国内テレビ初取材となる台湾の...

2023.04.22 07:00スポット
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

“意識”の謎を数学で解明! 宇宙から石ころまで「万物に意識存在説」統合情報理論(IIT)でついに証明へ!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル