数字「27」には驚異的パワーが秘められている!? インドネシアと日本の“謎のつながり”で判明、土地にまつわる戦慄の法則!

 インドネシアの首都ジャカルタがあるジャワ島。この島の中部と東部には主にジャワ人が住んでいる。多民族国家のこの国で、ジャワ人は人口9千万人と最大民族となっており、非常に独特な民族性やものの考え方を持っていることが知られている。その根底には神秘思想があり、数秘術的に”数”に深い意味をもたせたり、聖地や王宮の立地は”レイライン”的な方法論で決めたりと、その影響は歴代大統領にもみられる。今回はそんなジャワ人の神秘思想を紹介する。

数字「27」には驚異的パワーが秘められている!? インドネシアと日本の謎のつながりで判明、土地にまつわる戦慄の法則!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

■「27」の数字

 ジャワ人たちの独特な思想・宗教については、過去にもトカナで紹介している。例えば、過去の記事ではジャワ人やバリ人たちが恐れ敬う「南海の女王」、ジャワ島の海を支配する女神ラトゥ・キドゥルにまつわる逸話だ。初代大統領スカルノ、第2代スハルトなど、歴代大統領の多くはこの南海の女王への信仰を持っていた。

 1993年1月20日、バリ島サヌールにある国営のホテル・バリビーチ(現在は「イナ・グランド・バリビーチホテル」に改称)で火災が発生し、ほとんどの建物は焼けてしまった。だが、ある霊能者を介して南海の女王が所望の意思を伝えていた10階建てビルの327号室とコテージの2401号室だけは、奇跡的に残ったというのである。

 実は、「327号室」に含まれる「27」という数字こそが、インドネシアという国にとって数秘学的に重要な意味を持つ。この国では歴代大統領にも神秘主義志向の要素が見られるが、初代スカルノや第2代スハルトも同様で、この「27」という数字を好んで使用していた節がある。

 ジャワ人を含むインドネシア人たちが、どれだけ「数の神秘」を好むのかという良い例が、首都ジャカルタに建つ「モナス」(MONAS、独立記念塔)にある。モナスは首都のムルデカ(独立)広場にそびえる国家独立の記念塔だが、高さが17mで、これは独立宣言を行った「1945年8月17日」にちなんでいる。また、塔の台座となる基部の縦横の幅が45mであり、これも独立を果たした1945年の「45」を意味している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ