メーガン妃問題はまだまだ甘い!? 引きこもり数十年、流産妻を斬首、心中自殺… 強烈すぎる王家のゴタゴタ8選!

■ウィリアム征服王の息子たち

メーガン妃問題はまだまだ甘い!? 引きこもり数十年、流産妻を斬首、心中自殺… 強烈すぎる王家のゴタゴタ8選!の画像3
画像は「Live Science」より引用

 11世期のイングランド王、ウィリアム1世(ウィリアム征服王)には4人の息子がいた。1人は早くに亡くなってしまい、ウィリアム1世の死後、長兄ロベール2世はノルマンディー公領を、三兄のウィリアム2世はイングランド王国を相続した。末弟ヘンリーには金銭のみが与えられた。

 ヘンリーは領地を持たなかったが、それを得るための方法は知っていた。兄2人の間の諍いを煽り、金に困っていたロベール2世から領地を買い取った。兄2人が弟を警戒することで逆に和解に至ったため、一時期は家臣として大人しくしていたヘンリーだが、ウィリアム2世が狩猟中に事故死すると、すみやかに即位してイングランド王ヘンリー1世となった。

 これを知ったロベール2世も王位を主張して侵攻してきたが、ヘンリー1世はこれを退け、自らの王位を認めさせた。だがその後も何かにつけて対抗してくる兄に、ヘンリー1世はノルマンディーを侵攻、ついにはロベール2世を捕らえて生涯幽閉した。

■塔の中の王子をめぐるミステリー

メーガン妃問題はまだまだ甘い!? 引きこもり数十年、流産妻を斬首、心中自殺… 強烈すぎる王家のゴタゴタ8選!の画像4
画像は「Live Science」より引用

 シェイクスピアの小説に登場する悪役として有名なリチャード3世は、ヨーク朝最後のイングランド王である。1483年、兄エドワード4世の早世によって王位に就いたが、その経緯には不可解な部分がある。

 その中でも特に有名なのは、エドワード4世の2人の息子、エドワード5世とリチャード・オブ・シュルーズベリーをめぐるミステリーである。父王の死後、12歳で王位を継承したエドワード5世だったが、わずか数カ月で叔父のリチャード3世によって廃位され、弟と共にロンドン塔に幽閉されてしまった。その後、兄弟に何があったのかは不明であるが、王位を簒奪すべくリチャード3世の手のものに殺害されたというのがもっぱらの噂である。1674年にロンドン塔で発見された2つの遺骨は、この兄弟のものとも言われている。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

メーガン妃問題はまだまだ甘い!? 引きこもり数十年、流産妻を斬首、心中自殺… 強烈すぎる王家のゴタゴタ8選!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル