「2025年7月に東日本大震災の数倍レベルの地震」たつき諒『私が見た未来』の予言、津波の直撃場所がついに判明か!?

 1999年7月に出版された『私が見た未来』という漫画が復刊され、話題になっている。大災害など夢で見たことを描くと、それがことごとく現実になるという、たつき諒氏という漫画家の作品だ。英国ダイアナ妃やフレディ・マーキュリーの死や東日本大震災まで予言的中していたことで知られる同書だが、たつき氏が長年つけている「夢日記」の解説などを追加した『完全版』として今年10月2日に発売された。多くの人を戦慄させているのは、そこで2025年7月に日本を「大災難」が襲うと語られていることだ。今回は、同書の内容や妥当性について検討してみたい。

■「なりすまし」出現で『完全版』が爆売れ!?

「2025年7月に東日本大震災の数倍レベルの地震」たつき諒『私が見た未来』の予言、津波の直撃場所がついに判明か!?の画像1

 たつき諒氏は1954年12月2日に横浜市で生まれた女性だ。1975年に『月刊プリンセス』で少女漫画家としてデビューした。かつてはラブコメディーやメルヘン的な少女漫画やホラー・ミステリー系の作品を描いていたが、1999年7月1日にそれまでの作風とはまったく異なる、自らの夢日記を元にした『私が見た未来』を出版した。

 そしてオリジナルの出版から20年以上が経った2020年6月、ミステリー系サイト「不思議探偵社」やツイッターでたびたび過激な発言を繰り返してきた「竜樹(たつき)諒(元漫画家 1999年出版 大災害は2011年3月 私が見た未来 作者)」と名乗る人物が、たつき氏本人ではなく「なりすまし」であることが発覚し、ネット上が騒然となった。しかし、たつき諒氏の名前が話題になったことで、結果的に『私が見た未来』の古書の価格はアマゾンで一時14万円にまで吊り上がるなどの現象が発生。そのような人気が今回の完全版につながったわけだが、たつき氏が2025年に来るという「大災難」を緊急で知らせたいという願いもあったようだ。

■過去の的中例に法則

 さて同書には、たつき氏が見た夢日記の断片が「『夢日記』解説」として収められているが、たとえば下記の夢が現実になった。

・ 1976年11月24日:クイーンのフレディ・マーキュリーが死んだ夢。
→ 1991年11月24日:エイズで死去(15年後)

・ 1981年に見た夢:津波が襲う。
→ 2011年3月11日:東日本大震災の津波(30年後)
※ただしこの津波の夢は2025年7月に起きる大津波のビジョンだとたつき氏自身は考えている。

・ 1992年8月31日:ダイアナ妃が亡くなる夢。
→ 1997年8月31日:英国のダイアナ妃がパリで交通事故死(5年後)

 上記のように、たつき氏が見た夢はちょうど5年、10年、15年といった5年ごとのタイミングで現実になっており、月日に関しては夢で見たそのまま完全的中した例もある。このような優れた予知夢の能力をもった人は、職業的な超能力者でも滅多にいない。その意味では世界的にも稀有な夢予知能力を持った人物と考えられる。

■フィリピン海プレート上の巨大地震

 出版されたばかりの新刊のため、ネタバレを避けるためにここでは必要最低限のことだけ書くが、同書の帯にある「本当の大災難は2025年7月にやってくる」とあるのは、フィリピン海プレートの中央あたりで起きる巨大地震と、それに伴って発生する大津波のことだという。その津波は、たつき氏が見た夢では3.11の時よりも数倍大きい壮絶なもののようだ。

 ただし、長年地震の研究を行ってきた筆者は一つの疑問を抱いた。たつき氏が本書に掲載したイラストでは、下記マップの多重円で示すあたりが震源となると夢で見たというが、そこはフィリピン海プレートの真ん中であり、地震学的には海洋プレートの真ん中で大地震が起きることは稀なのだ。そのことは、このマップにおいて白丸で示された1990年以降に発生した地震(M7.0以上)の震源位置を見れば明白だろう。フィリピン海プレートの境界付近では大地震が多発しているが、中央部分ではこの120年ほどの間、大きな地震はほとんど起きていないのだ。

「2025年7月に東日本大震災の数倍レベルの地震」たつき諒『私が見た未来』の予言、津波の直撃場所がついに判明か!?の画像2
画像は「GoogleEarth」より

 また、フィリピン付近やマリアナ諸島など、フィリピン海プレート上で起きる巨大地震が日本で有感地震となることはあるが、せいぜい震度1~2程度で被害が出る規模ではない。津波については、前述のあたりの震源でも、規模によっては日本を高い津波が襲う可能性はある。たとえば2009年9月29日に発生したサモア沖を震源とする地震は(Mw8.1)、180人以上が命を落とし、フィリピン海プレートよりも遠い南太平洋が震源だったが、日本にも最大高さ36cmの津波が到達したという。

 疑問点があるとはいえ、さまざまな分野に及ぶたつき氏の夢がこれまで現実になってきたことは無視できない。実際に巨大地震の震源が同プレートの端近くにズレて起きる可能性もゼロとは言い切れないだろう。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

「2025年7月に東日本大震災の数倍レベルの地震」たつき諒『私が見た未来』の予言、津波の直撃場所がついに判明か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル