2000年続いた「象による公開処刑」の歴史 手足を1本ずつ踏み潰し、最後は…

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 ゾウのパワーと賢さを最大限に活用するためにインド人が紀元前から行っていたのが残酷極まりないゾウによる“公開処刑”であった――。

■ゾウによる残酷な“公開処刑”

 ゾウは動物の世界の中で最も賢く、最もパワフルな種の1つである。この屈強でたくましいゾウが歴史的に“死刑執行人”として活用されてきたのは、考えてみると不思議ではないのかもしれない。

 ゾウによる死刑はインドだけでなく、南アジアや東南アジアの他の地域でも、少なくとも 2000年間以上、行われてきた伝統的な死刑執行手段である。

2000年続いた「象による公開処刑」の歴史 手足を1本ずつ踏み潰し、最後は…の画像1
画像は「Wikipedia」より

 ゾウによる処刑は残忍で恐ろしいものであった。この形式の極刑はインドでガンガラオ(gunga rao)と飛ばれる「ゾウによる踏み付け」である。文字通り死刑囚はゾウに踏まれて圧死したのだ。しかもその死は必ずしも即死ではなかった。

 ゾウは「マフート(mahout)」と呼ばれるゾウ使いの管理下にあって訓練を受けており、ゾウ使いは鋭い金属製のフックで使用してゾウの身体を刺激して思いのままに操作していた。

 ゾウ使いのコントロール下でゾウは死刑判決を受けた者の手足を1本ずつ踏み潰し、地面に放り投げたり、引きずったり、牙で刺したりして、ゆっくりと時間をかけた拷問の末に頭を踏み潰して死に至らしめることができた。

 そしてこの“公開処刑”を見ることは民衆の娯楽の色彩を帯び、いかに残酷に殺すのかというショーの要素も盛り込まれるようになったのである。

2000年続いた「象による公開処刑」の歴史 手足を1本ずつ踏み潰し、最後は…の画像2
画像は「Wikipedia」より

■我々はどこまで動物を搾取できるのか

 ゾウによる“公開処刑”を見世物にしていたのはインドだけではない。隣国のスリランカでは、ゾウの牙に鋭い刃を取り付けて死刑囚をバラバラに引き裂いて惨殺したといわれている。

 またかつてのシャム王国(現在のタイ)では、ゾウは犠牲者を空中に放り投げてから押しつぶして殺すように訓練されていた。

 コーチシナ王国(ベトナム南部)では、杭に縛りつけた犯罪者に向けてゾウを突進させて、圧死させていた。

2000年続いた「象による公開処刑」の歴史 手足を1本ずつ踏み潰し、最後は…の画像3
画像は「Wikipedia」より

 ゾウによる“公開処刑”の人気はなんと19世紀まで続いた。しかし英領になったインドでイギリス人が増加したことで、この残忍なゾウによる処刑は野蛮であるとして急激に衰退していったという。

 ゾウに人殺しをさせていたということになるが、現代では動物愛護の観点からもまったく許容することのできない“蛮習”であることは間違いない。

 昨今は水族館のイルカショーに一部で廃止の動きが見られるし、五輪競技種目の近代五種から今後は馬術が外されることも決まっている。そして競馬の廃止を訴える声も根強い。広い意味では畜肉食文化を含め、我々がどこまで動物を搾取できるのか今後も議論が続いていくことになるだろう。

参考:「Ancient Origins」、ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじ
場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji
ブログ「仲田しんじの特選あーてぃくるず」 nakatashinji.com

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

2000年続いた「象による公開処刑」の歴史 手足を1本ずつ踏み潰し、最後は…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル