結婚を禁じられ65年間“鉄の肺”で生きる男性が見つけた真実の愛とは? 「彼女は神様からの贈り物」

 ある日突然、呼吸ができなくなったらどうなってしまうのか。あるアメリカ人男性はカプセルのような“鉄の肺”に入り込んですでに65年間になる――。

“鉄の肺”の中で過ごすことを余儀なくされる

 普段はまったく意識することのない呼吸だが、もしも突然に呼吸困難になったらどうなってしまうのだろうか。何の対策も講じなければもちろん、その先には死が待っていることは間違いない。

 アメリカ人のポール・アレクサンダー氏は1952年、6歳のときにポリオにかかり、筋肉の制御が失われて首から下が麻痺し、最終的に自力で呼吸できなくなったのだった。

 運び込まれた病院では緊急手術が行われてその後、横隔膜を機体的に動かすための“鉄の肺”の中に入って過ごすことを余儀なくされたのである。現在77歳の彼はすでに65年間、“鉄の肺”の中で過ごしている。

結婚を禁じられ65年間鉄の肺で生きる男性が見つけた真実の愛とは? 「彼女は神様からの贈り物」の画像1
画像は「YouTube」より

 きわめて困難な境遇に置かれたアレクサンダー氏だが、常に病人だったわけではない。法曹の道に進んだアレクサンダー氏はロースクールを卒業して見事に弁護士になったのだ。

 テキサス州ダラスにある南メソジスト大学で法律の勉強している時に、アレクサンダー氏はクレアという女性と出会いロマンチックな関係となり、最終的に婚約したのである。

 しかし残念ながらクレアの母親はその関係を認めず、アレクサンダー氏がクレアの家に電話をかけた時に、彼女の母親が電話に出て結婚を禁じ、アレクサンダー氏にクレアと話すことを禁じたのだった。

 アレクサンダー氏は英紙「The Guardian」のインタビューで、この出来事をどのように感じたかを思い出して「それ(その心の傷)から癒えるのに何年もかかりました」と語っている。

 

再びロマンスが訪れる日

結婚を禁じられ65年間鉄の肺で生きる男性が見つけた真実の愛とは? 「彼女は神様からの贈り物」の画像2
画像は「YouTube」より

 アレクサンダー氏はこれまでの人生のほとんどを“鉄の肺”の中で過ごしたにもかかわらず、長年弁護士として働いてきた。

 アレクサンダー氏は口にくわえたプラスチック製の棒の先端でパソコンのキーボードを叩くことができるので、仕事をすることが可能であった。

 またアレクサンダー氏はロースクールを卒業して同じアパートに住んで以来ずっとキャシーさんのケアを受けてきた。

 キャシーさんとの関係はロマンチックなものではないのだが、兄弟のフィル氏はこの2人は事実上の夫婦だったと話している。

「ポールは、周囲で自分が望んでいることや必要としていることに常に積極的です。彼はかなり要求が厳しい。しかしキャシーは彼よりも要求が厳しい。彼らにはそれぞれの時間がありますが、常にうまくやっています」(フィル氏)

 残念なことに、最新の情報によるとキャシーさんはすでに亡くなってしまっているようだ……。しかし今でもポールさんは彼女のことを「死ぬほど愛している」「今でも私の傍にいてくれる」「彼女は神様からの贈り物だった」と愛情たっぷりに話している。

参考:「Daily Star」ほか

関連キーワード:, , , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

結婚を禁じられ65年間“鉄の肺”で生きる男性が見つけた真実の愛とは? 「彼女は神様からの贈り物」のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新