「脳と目に見えない世界の関係」を話題の悟り系霊能者が解説! 多重人格と霊障の意外な関連性も…

「脳と目に見えない世界の関係」を話題の悟り系霊能者が解説! 多重人格と霊障の意外な関連性も…の画像1
画像は「Getty Images」より

 戦争、疫病、天災、そして大事件…… 想像もしなかったような艱難辛苦が次々と押し寄せる昨今、スピリチュアル界隈で熱い注目を集めるペアがいるという。「悟り系霊能者」ことMaaya氏と、そのパートナーで現代気功師のShin氏だ。人々から寄せられる“目には見えない世界”にまつわる数多くの相談に応じてきたという2人は、長年にわたる探求の結果、「宇宙純粋意識領域」と呼ばれる超高次元との接続に成功。定期的なセッションの他、近年はYouTube等を通して広く一般にその意義を発信している

・「宇宙純粋意識領域」の詳細についてはトカナ過去記事

 今回は「脳と見えない世界の関係」について伺った。

――脳と霊障について教えてください。

Shin:私とMaayaは2010年から今の仕事をしていますが、最近ますます「霊障に苦しんでいます」とか「私も霊が見えるんです」という声が寄せられるようになってきました。ですが、セッションしていると、なんだか以前と違うなと感じることが増えたのです。脳が動いていない方が多いのです。
一つの例をご紹介しましょう。Aさんは当時30代女性で、「子どもの頃から霊障で苦しんでいます」と何度もメールをくださっていました。「家から出られない」と言われたので、彼女の家の近くでお話会を開催したりしました。働くことはおろか電車にも乗れない状態だったので、本人もご両親もとても困っており、霊的な問題を抱えているのではないかと思っておられたようです。ちょうど会社を少し大きくしようとしていた時期と重なったこともあって、「私たちの技を無償で提供するから、働きながら治していかないか」と提案すると、とても喜んでくれ、彼女を住み込みスタッフとして採用しました。

Maaya: ですが、結論から言うと、彼女の問題の原因は霊障ではなく、脳の問題でした。

間違った診断でさらに苦しむことに

「脳と目に見えない世界の関係」を話題の悟り系霊能者が解説! 多重人格と霊障の意外な関連性も…の画像2

Maaya:私たちと出会う前に身分の高い方とお付き合いのある陰陽師に視てもらったところ、霊障だと言われたそうです。2年ほど通っていたのですが良くならず、ある日帰宅すると寝たきりになってしまいました。その頃、私のブログを見つけて「希望の光だ!」とコンタクトされたのでした。そして私が視たところ、単なる「脳のエラー」だとわかったのです。彼女は聞こえてくること(いわゆる幻聴)を陰陽師に伝えたところ、「それは心の声だからいいことなんだよ」と言われ、逆に悪化していたのでした。

 そこで私たちはさまざまな技を無料で施したところ、どんどん良くなり、2年後にはついに社会復帰できたのです。

最初にしたのは負の情報を取り去ること

Maaya:最初にしたのは「負の情報」を取り去ることでした。彼女は布団や身の回りのものを送ってきたのですが、受け取って私が運ぼうとしたところ、触れられなかったのです。負の情報がびっしりとついていたからです。そのため、まずは彼女自身とモノについている負の情報を燻して取り去りました。リセットしたのです。このAさんの場合は「脳のエラー」問題が大きかったので脳から直接負の情報を取り除く「ブレインエステ」は特に入念に行いましたね。負の情報とは、人が発しているネガティブな感情エネルギーやその周波数、そしてそれらに寄ってくる霊です。モノや人にはその周波数によってさまざまなレベルの霊が付いています。ちなみに、負の情報がついている食べ物は食べないほうがいいですね。

「脳と目に見えない世界の関係」を話題の悟り系霊能者が解説! 多重人格と霊障の意外な関連性も…の画像3
提供:Kグラヴィティ
「脳と目に見えない世界の関係」を話題の悟り系霊能者が解説! 多重人格と霊障の意外な関連性も…の画像4
提供:Kグラヴィティ

霊障は特別な人だけのことではない

Maaya:Bさんという女性は霊障が原因でした。彼女も妹も結婚せず、子どももできず、でした。家系が途絶えていく方向に進んでいたのです。彼女の場合はかなり重症でしたが、一般の方でも霊障を受けていることはあります。「頭が重たいな」「最近ネガティブになっているな」「なんだか気分が落ち込んでいる」と感じる時は霊障であるケースが多いです。この霊障を解くと、頭が、つまり脳がスッキリします。

 少し話がそれますが、以前は霊障と精神医学界はあまり関係していなかったのですが、最近は精神医学界でも霊障が注目されているようです。私の知り合いの精神科医も、「自分も患者さんに霊障ケアをしているし、近い学会は『精神疾患と霊障』がテーマなんだ」と話していました。時代はどんどん変わってきていますね。

解離性同一性障害と霊障

Maaya:ある女性Cさんの例もご紹介しましょう。彼女は解離性同一性障害のような言動を見せていました。「ビリー・ミリガン」が有名ですから、この症状をご存じの方もおられるでしょう。彼女はそこまで酷くはありませんでしたが、とても興味深い言動をたくさん見せてくれました。顔も声も変わるのです。お化粧をしっかりしているのに、ある人格になると10歳以上老け込んで「え? お化粧落とした?」と思うぐらいに顔が変わるなど不思議な現象がたくさんがありました。
私はShinと研究を続け、解離性同一性障害だといわれている人々の中には、内側の人格が変わるのではなく、いろいろな霊が入り込むことによって苦しんでいる人がいるのだと突き止めました。入り込んだ霊の数だけ別人格のように見えるのだと。

Shin:あるワークでCさんの手を僕が強く掴んだことがあります。かなり強くです。普通は痛がるのですが、彼女は全く反応しないのです。痛くないと言うのです。理由は、その時の彼女は「シーちゃん」という霊体だったからです。その霊体はちょっとロボットみたいで感情がないので痛みを感じなかったのです。そこで彼女本人に戻らせた瞬間、彼女は「痛い!!」と叫び、僕を鬼の形相で睨みつけたのです。別の霊体から本人に入れ替わった証拠でしょう。

Maaya:解離性同一障害の場合、感じたくないというか辛い、嫌な場面は別人格に任せることが多いのですが、彼女の場合も似たようなことで、霊体であるシーちゃんが辛い経験を担当していたのです。だからこそ、シーちゃんが支配しているときは痛みを感じなかったのです。私たちは何十年もかけて開発してきた技を施しました。その一つが霊体をコントロールできる方法で、彼女の携帯の中ではたくさんの霊体が互いにLINEをしていたようです。最終的に霊体と本人を分離する方向に導いたところ、Cさんは寿退職し、再婚されました。

脳と霊障の関係

「脳と目に見えない世界の関係」を話題の悟り系霊能者が解説! 多重人格と霊障の意外な関連性も…の画像5

Shin:このように、いろいろな霊が入り込んだ結果、その霊の言動が表に出るから別人格のように見える場合があると僕達は考えています。

Maaya:二重人格ぐらいだと、どなたも二面性がありますから大きな問題ではないと思います。ですがCさんの場合、私たちは7年半見てきたのですが、それを超えていました。チベット密教ではタルパ、日本では式神と言われていますし、最近は若い人の間でイマジナリーフレンドと呼ぶようですが、何かから逃れるために自分で違う人格を創り出すことはあると思います。

Shin:たとえばビリー・ミリガンは継父に虐待を受けて手を縛られた状態の時に、「縄抜けの達人」の人格が現れたとされています。世間は認めたがらないのですが、これは「霊」がビリーに入ったからだと僕達は考えています。「縄抜けの達人」が子どもの人格の中にいるはずがないんです。これは霊問題なのです。海馬の問題だという精神科医もいますが、大切なことから目を背けているように僕は感じています。

脳とヒーリング

Maaya:私は脳はパソコンのようなものだと思っています。大昔にダウンロードしたモノや、今では使えないような古いソフトなどがたくさん残っていると重くなって使いづらくなりますよね。動きが遅くなったりフリーズしたりします。脳も全く同じです。実は地球は昔と比べると次元がどんどん上がってきているので、大昔のヒーリング法は、その当時の地球や人々には合っていたかもしれませんが、現代ではすでに古くなっているのです。合わなくなっているのです。なのに、いまだに昔のヒーリング法を施されてしまうと、合わないわけですから反対に次元を引き下げられてしまうのです。

Shin:スピ好きの方は、興味があったり無料だったりするヒーリング法をたくさん受けていたり、パワースポットなどに行きまくっていることが多いので、脳が「ゴミ箱」のようになっているケースがたくさんありますね。

Maaya:カウンセリングシートを書いていただくと、脳がゴミ箱になっている人は頭が全く動かないので、普通なら15分ぐらいで書き上げるのに、30分たっても全然書けません。頭が動かないので、言葉も出てこないのですよ。

Shin:なので、僕達のセッションでは、最初に溜まっているモノを「抜く」ことから始めることが多いですね。抜くと、目が輝き、体が柔らかくなり、喋りが早くなります。頭が動き始めるのです。全くパソコンと同じです。一度入ったものは、消去=抜かない限りずっと残っているからです。

Maaya:脳がゴミ箱になっているかどうかは、目を見ればわかります。目は脳の出先機関なので、どんよりとしているのです。私たちは、その方がそれまで経験してきたスピリチュアルの世界が、脳に大きな影響を与えていると考えています。

Shin:信仰心が強過ぎる、あるいは宗教か何かに依存し過ぎている人も、目がぼーっとしていますね。

脳と身体は一人で使ってください

Maaya:お伝えしたいのは、「脳と身体は自分一人で使ってください」ということです。パソコンは同時に二人で使うことはできませんよね? それと同じです。霊体や意識体に入られてコントロールされてしまうと、自分と「入り込んでいるモノ」が脳と身体を同時に使っていることになるので、おかしなことになってしまいます。

Shin:マウスを二人で取り合うイメージかな。

Maaya:取り合っているうちはまだいいのです。スピ好きな人の傾向として、目に見えないものに脳と身体を明け渡してしまうことが多々あります。自分で自分を使えなくしてしまうのです。この現象はとても多いですね。そして、霊能力があることと、悟っている、目覚めていることは違うことを知ってください。「自分VS霊」ではなく、「自分VS全宇宙」と考えて欲しいのです。霊にアドバイスをもらうとか指示をされて使われる「上下の関係」ではなく、自分の中から答えを出す方が高次元であり、目指すべきことなのです。

霊障の怖さ

Shin:霊と上下の関係になってしまうと、脳だけでなく、身体にも霊障=悪影響が出てきます。まだ医学的には明らかになっていませんが、僕とMaayaの研究では関連性があることがわかってきています。

Maaya:さらには人生にも大きく影響してきます。たとえば、不倫ばっかりしているある女性にはそうさせる霊(色情霊)がついていました。とても素敵な女性なのに、です。もちろん私たちが除霊することもできますが、自分でもできる方法があります。それは自分がマトリックスの中にいることを自覚し、抜け出ることです。

Shin:自分に問いかけることですね。

Maaya:自分は何のためにここにいるのか、何のためにこの地球に生まれてきたのかを自分に問いかけるのです。思い出すことです。そうすると、そんなハイレベルな思いを持っている霊はいないので、あなたと周波数が合わなくなり、出て行きます。魂のロックオンをしましょう。

Maaya:今生、自分の魂はここまで行く、という目標を決めて一生懸命に生きることを私は「魂のロックオン」と呼んでいます。そういう真剣な生き方を始めると、霊に入り込まれたり乗っ取られることはありません。生き方の目標がなくフワッと生きている人が乗っ取られやすい傾向にあります。自分の脳と身体は自分一人で使わないといけないのです。
よく願望実現セミナーにたくさん行っているのに叶わないと言う人がいますが、一つのパソコンをたくさんで使っていてうまく行くはずがないのです。私たちの魂はマトリックス内の決め事(結婚しなければとか、年収はこれだけなければなど)に従う必要はありません。真実に気づき始めると、その人本来の人生が始まっていきます。

Shin:もちろん僕達は最大限お手伝いします。でも、最後は自分なんです。自分の命を、人生を何に使うかですね。

Maaya:地球の次元はどんどん上がってきているので、若い人の意識はどんどん変わってきていますね。登校拒否などが増えているのもマトリックスに気付き始めているからではないでしょうか。でも、まだまだ気づいていない人が多く、そんな人の脳には残念ですがどんどんゴミが溜まっていますね。

魔境に落ちる怖さを知ってください

Maaya:魔境に落ちる人がいるのをご存じですか? 魔境に落ちるのは、幼少期(前世も関係してきますが)に親の愛情を得られなかったり、自己肯定感やアイデンティティが異常に低い人が多いです。そういう方は人と違う能力が欲しいと変な動機でスピにハマっていくことが多いです。特別な能力を持つことで、そういったコンプレックスを埋めようとするのです。

Shin:コンプレックスやネガティブ要素が強い方が能力開発で深い瞑想をすると、タッチしてはいけない分野(=魔境)があるのですが、そこにタッチして全能感を得られることがあります。するとほとんどの方はバランスを崩してしまいます。脳がおかしくなってしまうのです。

Maaya:脳に大量のエネルギーが流れ込み、対応できなくなるからです。そして、魔境に落ちた結果、教祖様になる方は多いですね。偉そうになってお布施をさせたり複数の異性に手を出したりします。犯罪につながることもあります。

Shin:大昔の悲惨な殺人事件になってしまった「サチコさん事件」を思い出す方もおられると思います。

※ 1995年に福島県須賀川市で発生した「福島悪魔祓い殺人事件」。祈祷師の江藤幸子が、悪魔祓いと称して信者6人を殺害した。

Maaya:最初は、私たちが持つ高次元な技をセッションなどで教えることを迷っていました。コンプレックスが強くて自己肯定感が低い状態でこの技を知ると、簡単に魔境に落ちてしまうからです。なので、ブログでは2009年から「まず、自分の心の闇を解消しましょう」と言い続けています。地に足をつけて人の痛みがわかるようになり、自分の心の闇を解消し、自分はこの地球に何をするために生まれてきたのだろうと考察するような高次元な存在になれてからならいいのですが、そうでないなら、犯罪者に包丁(=技)を渡すようなもので、人を殺してしまいます。高次元な意識を持てたなら、同じ包丁で美味しい料理を作ったり、美しい工芸品を創ったりできるのです。それぐらいこの「技」は危険なのです。

 ぜひ、マトリックスから抜け出して高次元意識を目指してください。そのためには「抜けた」人の話を聞くのもいい方法だと思います。興味のある方は、コラムをご覧ください。

コラム

 セミナーでは、「目覚めるためのダウンロード」をさせていただいています。また、「ブレインエステ」と呼ばれる脳に特化したヒーリングも行なっています。遠隔もできますので、興味のある方以下のURLをご覧ください。
https://maayavillage.ocnk.net/product-list/77

・ Maaya公式ブログ 
https://ameblo.jp/maya-happy-life/

・ 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCkfzslsUPTRjW9UqdRV7Uog

※本稿はPR記事です。

関連キーワード:, ,

文=Aslan

コピーライター、出版社勤務を経て渡英。MBA修了後帰国し、スポーツ広報と編集の会社「株式会社STAR CREATIONS」を設立。Jリーグクラブ・日本代表チーム・国際選手の広報から、雑誌・広告・単行本編集などを手がける。「きちんと伝える」がテーマ。

Aslanの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

「脳と目に見えない世界の関係」を話題の悟り系霊能者が解説! 多重人格と霊障の意外な関連性も…のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

スピリチュアル最新記事

お金が逃げる人には、共通点があった!

スピリチュアル

自殺未遂した女性がみた「死後の世界」

スピリチュアル

死を予知する"神秘の猫"オスカー

スピリチュアル

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」

スピリチュアル