>  >  > NASAの映像に「UFO」→中継停止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 ISS(国際宇宙ステーション)のライブ映像に不可解なものが映り込み、またしてもNASAがライブ中継を中断する事態に発展。各国メディアがこぞって報道し、世界中の注目を集めている。

 読者にはすでにお馴染みのことだが、ISSに搭載されたカメラが奇妙な物体を捉えたのは今回が初めてではない。ライブ中継の運用開始直後からUFOとしか言いようがない物体が幾度となく発見され、トカナでも度々取り上げてきた

issufo1003_05.jpg
国際宇宙ステーション「Wikipedia」より引用


■ISSのカメラが捉えた「青白く輝くUFO」

 今回撮影された映像も4万人の購読者を持つUFO研究家「Streetcat1」が9月30日に発見し、YouTubeに公開した。すると、公開直後からロシア国営メディア「ロシア・トゥデイ」や英「Mirror」紙など世界中のメディアが一斉に報道、NASA公式映像がUFOを捉えた決定的瞬間としてUFOコミュニティからお茶の間まで激震が走った。

 それでは早速、問題の映像をご覧頂こう。

動画は「YouTube」より引用
issufo1003_02.jpg
画像は「YouTube」より引用

 水平線付近に青白く輝く物体が浮かんでいるのが確認できる。ゆっくりとではあるが、画面左方向へ移動しているようだ。その姿形や移動速度など、今年7月NASAがライブ中継を中断した際に映し出された発光物体との類似を指摘することもできるだろう。

 Streetcap1によると、ISSとの距離がかなりあるにもかかわらず、物体が出現した直後NASAはライブ中継をすぐさま中断したそうだ。

“過剰反応”するNASAの態度を見るにつけ、これはUFOに間違いないと言いたいところではあるが、懐疑派からは「レンズのフレア」に過ぎないとの意見も出ている。しかし、Streetcat1は「太陽光の影響で、未確認物体の左部分が右部分よりも明るくなっている。これはレンズフレアでは起こらない」と反論。

issufo1003_03.jpg
画像は「YouTube」より引用

 海外メディアで取り上げられることも多い有名UFO研究家スコット・ウェアリング氏も一部異論を挟みつつも大筋ではUFOに違いないと見ている。

「昨日ユーチューバーのStreetcap1がISS付近で青く輝くUFOを目撃しました。ISSから離れたところを飛んでいるように見えますが、そうではありません。実際はISSの近くですが、高い所を飛んでいるため距離があるように見えるのです」

関連キーワード

ISS
NASA
UFO

コメント

5:ウッドワン2016年10月 5日 08:20 | 返信

約20年前に同じ青白い光の飛んでいるものを見たことあります。以上。

4:ウッドワン2016年10月 5日 08:17 | 返信

約20年前に同じ青白い光の飛んでいるものを見たことあります。以上。

3:風間2016年10月 4日 01:44 | 返信

レンズゴーストだという人たちは、この拡大写真を見て判断しているのでなく
全体写真を見て、きわめてレンズゴーストが起こりやすい状況であることから言っているのだろうと思う。
青白いとか、形(明暗)の違いというのは、地球の輪郭部分の発光もかなり青白く、かつ変形しているので、
それらと比較せずに「青白いUFO」と表現するのは、ちょっと作為的なものを感じる。
メディアで騒げば本物の可能性が高くなるわけではないが、本当にメディアで騒がれた写真なのか?

2:匿名2016年10月 4日 01:03 | 返信

こういうニュースはどんどん取り上げてほしい
冷やかしにも負けず頑張って。
ただ、たまにはスコット・ウェアリング以外のソースも欲しいな

1:匿名2016年10月 3日 20:33 | 返信

自身のサイト名も書けなくなるとはお粗末様やな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。