キョドってる人は他者の気持ちを読み取れる「エンパス人間」だったことが判明!エンパス気質の特徴6に納得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
empathsact1.JPGEWAO」の記事より


■エンパス特徴 彼らが耐えられない人物6種

 組織や集団で起こり得るいくつかの状況では、エンパスにとってより心労がかさむものにになる。例えば以下のようなシチュエーションだ。

1. 周囲に受け入れられるために従順に振る舞っている人がいた場合。

2. 心の中が怒りと憎しみで煮えたぎっているのに、フレンドリーな笑顔を見せる人物がいた場合。

3. 弱さと心細さを感じているのにタフであるように装っている人物がいた場合。

4. 本来のパーソナリティーからは“似合わないこと”を自分から無理やり推し進めている人物がいた場合。

5. 好印象を与えるために常にホメ言葉や“いいね!”発言をする人物がいた場合。

6. ほかの人が気に入るようなウソや誇張した話をする人物がいた場合。

 エンパスにとってこうした人物が近くにいた場合、極めて高いストレスを受けることになる。その対処法と肝に銘じておきたい理解は下記の通りだ。

●こうした人間関係から逃れるべきである。彼らは必ずしも間違ったことをしているわけではないが、アナタは彼らから良い影響を得られない。

●こうした人物が近くにいたり接したりした場合は、論理的に物を考えたり言語明瞭に話すことがきわめて難しくなる。

●差し迫った恐怖や居心地の悪さを感じた場合、いったんその場から離れることしか解決策はない。

●こうした人物と接している期間が長いと体調悪化では済まず実際に病気を発症する。

●こうした状況に直面することで、思っているよりもたやすく絶望を感じ心身が疲弊する。

empathsact2.JPG画像は「Wikimedia Commons」より

 誤解してはならないのは、決してモラルや社会的義務の問題ではなく、こうした人物にエンパスは単純に耐えられないということだ。もし耐え続けていれば挙動不審では収まらず本当に病気になってしまう。その場限りの状況であれば乗り切ることもできるが、その状況が長期的になると見込める場合は、やはりそこから物理的に逃れる方策をまず第一に考えるべきなのではないだろうか。病気になってしまっては元も子もないのである。
(文=仲田しんじ)

参考:「EWAO」、「T.U.R」、ほか

コメント

2:匿名 2017年9月28日 15:53 | 返信

↑それさえ行おうとしない君。

1:匿名 2017年9月26日 18:43 | 返信

毎度独り言を書くだけで金貰えて裏山w

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。