死後の我々は別次元で多くの仲間たちと楽しく過ごすことが判明! 全身麻酔で死にかけた男が目撃… 最新NDE(臨死体験)情報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

■「我々はあの世で孤独じゃない」

 あお向けの体勢のままきわめてゆっくりと天井へ向かって上昇したというスティーブン氏だが、最初は無秩序に飛び交っていた多数の白い光は、まるで小魚の群れのように組織だって整然と“泳ぐ”ようになったという。

 そして目の前で繰り広げられるこの光景はきわめて美しく、それまで光だと思っていたものはおそらく生物であると実感したのだった。

画像は「Wikimedia Commons 」より

“魚群”はシャープな動きであっちへ行ったり、反転してこっちへ向かって来たりと実に美しく泳ぎ回っていたという。そしてスティーブン氏の身体をまるで飲み込むかのように包み込んだのだった。その後、彼もまた群れを構成する一匹の“魚”になったのだという。

「空中を泳ぎ回る体験はとても素晴らしく信じられないことでしたが、その後方向転換をした時に群れが折り曲がり減速を始めました。反対側を泳ぐ群れを前から見ると、すべての存在に“顔”があることが確認できました」(スティーブン氏)

 魚のような動きを見せるその群れた生物たちは結局のところ人間の姿をしており、スティーブン氏もその一員として群れに加わった格好になった。光の集合体が実は“人間の群れ”だったわけで本来なら驚くべき発見のはずだが特に何の不安も感じなかったスティーブン氏は、どうして最初は違うものに見えたのかが不思議でならなかったということだ。

 この体験についてここから先の記憶はないという。手術を終え麻酔から覚めたスティーブン氏は思わず執刀医にこの体験を伝えたい衝動に駆られたというが、すんでのところで思いとどまったということだ。思わず口から出そうになったのは「我々はあの世で孤独じゃない」という言葉だったという。確かに大勢の仲間と優雅に泳ぎ回り楽しく過ごせるのであれば、あの世に行く楽しみが増えるかもしれない。

コメント

10:匿名 2019年3月31日 11:28 | 返信

「我々はあの世で孤独じゃない」というが、この世でも人間は沢山いて社会があるので孤独じゃない。
この世での孤独は、「仲間」「愛する人」「愛してくれる人」など理解し受け入れてくれる人がいないことをいう。

この記事では、あの世で会った群れ(集団・社会)に居たのは人間だったというだけで、その中でハブられている存在もいるかもしれないのに、孤独じゃないとはいいきれないよね。

もし「死んだら周りに誰も居なくて…」という意味での孤独なら、自分という存在がいるんだから何処かに誰かいるかも知れないんで、孤独と嘆くの人は馬鹿でナルシストだよね。

結局、あの世では孤独ではないと発言する人は、深く考えない馬鹿としか思えないわ。

9:匿名 2019年3月24日 09:38 | 返信

バカがいっぱい釣れた記事だった

8:匿名 2019年3月16日 22:07 | 返信

地獄行きにも種類ある、便槽に浸かりタバコ吸えるを選んだ奴は、休憩時間のほんの数分でほとんどの時間は水面下で過ごす。

7:匿名 2019年3月16日 22:02 | 返信

死んでないのに死後の世界を見たとかナ

6:匿名 2019年3月8日 09:58 | 返信

マトリックス風に語るならば、我々の死後、遺体は溶かされまだ生きている者たちの静脈から注射されるとかなんとか気持ちの悪いこと言ってたけど、それが本当ならば輪廻転生など存在せず死後の世界すらなく、死後すぐに『また他の誰かの体内で』生き続けることとなる。永久にリサイクルされるのみ。
多重人格者や同性愛者など本来の輪廻転生ではない輪廻転生を強制されられたがためにおかしくなっちゃった人間たちなのだと思う。
これ何かの本に書かれてあった。無数の本を読んできたからどの本だったかは忘れたな。
マトリックスはいろんな意味で本当のことを語っていると思う。
『彼ら』を倒さない限り輪廻転生すら満足にはさせてはもらえない。
人間は究極的な奴隷である。

5:匿名 2019年3月8日 06:44 | 返信

一度あの世に行ったらわかるよ。

水準レベル界は泳がされるのは確か、、、
でも底無しで全員が全身力で泳がされる。
死んだあの世の方が休憩がなかった。

人を落とし込んだり、傷つけたり、殺したりした人達は更に最悪で劣悪な世界に放り込まれて体に判子が押されてる。

孤独で真っ暗な闇の中をただひたすらに重たい重りを両手両足につけられて歩く界と四つん這いで報復前進と更に下界は切り刻まれたり焼かれたりもしていた。

泳がされる普通の世界の人達が泳ぎながら下界を見させられるの。

沢山の人がいるのは間違いない。

この経験により二度と死んだら楽になると言った安易な考えは無くなったのは事実。

人間界は所謂あの世で言う休憩場所。

体験させられ戻されるのは、課題が残されている証拠。

今のままなら普通界と示されて記憶に残されただけであり、天国に行く為には努力が必要と言われた事。

人間界が休憩なんて、、、と思い
正直ショックを受けた。

嘘と思うなら一度体験するのも良い経験になるよ。
但し遊び半分でやると人間界に戻れないから要注意。

因みに自殺したらお迎えが来るまで時間がかかって下界に行くから水準界まで上がるまで休む暇もなく修行させられて時間が凄く掛かるからしんどいよ。

自殺願望がある人は要注意。

4:匿名 2019年3月8日 06:23 | 返信

目撃ワロタ

3:匿名 2019年3月8日 05:46 | 返信

あの世があるなんて最早当たり前。未だに信じられないって言ってる奴は何でそう言い切れるの?肯定派の方は色んな証言がある。否定派の方はただ否定してるだけで証拠はない。それに小さい子であの世にいるときの事喋る子いるだろ?

2:匿名 2019年3月7日 19:08 | 返信

これはあくまで想像だが多分それはこの男性の精神が良質だったから
荒んだ奴は荒んだ世界に堕ちるんじゃないか
天国地獄ってそういうことかもな

1:匿名 2019年3月7日 16:34 | 返信

【悲報】ワイ将、あの世でもボッチ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。