科学とスピリチュアルを融合

【速報】「科学とスピリチュアルを融合させた」物理学者が注目の賞を獲得!「神を否定する科学はダメ」科学革命へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 またクレイザー氏は自身を“理論物理学者を装った形而上学者”と称しており、自然科学の限界にも自覚的だ。「何もないのではなく、何かがあることの理由を知る日は来るでしょうか?」という質問にクレイザー氏はこう答えている。(「Scientific American」2018年2月26日付)。

「少なくとも科学だけでそのことを知ることはできないと思います。この問いは、自らはいかなるものの結果ではなく、全てのものの原因である第一原因の問題に差し戻されます。我々は因果関係の鎖に則って思考するせいで、ゲームをスタートさせた最初のものを理解することができません」(クレイザー氏)

【速報】「科学とスピリチュアルを融合させた」物理学者が注目の賞を獲得!「神を否定する科学はダメ」科学革命への画像3
画像は「getty images」より引用

 

 意識の謎については次のように語っている。

「宇宙の起源と同じく、人間の意識の本性も科学的なアプローチを通して完全に答えられる段階にありません。それは人工知能を通して制限された意識のようなものを人工的に生み出すことに成功したとしても変わらないでしょう」(クレイザー氏)

 クレイザー氏が言う科学の限界は近年多くの科学者が口にしている。たとえば以前トカナでもご紹介したように、意識のメカニズムを解明できない物質的な科学主義の行き詰まりを打開するため、米アリゾナ大学ゲイリー・シュワルツ教授は、「ポスト物質主義科学」へのパラダイムシフトを訴えている。

 今回クレイザー氏がテンプルトン賞を受賞したことで、科学革命の機運がより高まっていくことだろう。今後の動向にさらに注目したい。

 

画像は「Daily Mail」、「Scientific American」、ほか

文=編集部

コメント

5:匿名 2019年3月24日 02:41 | 返信

薄毛革命w

この記事書いた奴ハゲw

4:匿名 2019年3月23日 19:43 | 返信

自分が言おうとしていたことをすでに書いている人がいて非常に助かる。書く手間が省けた。

15年ほど前からスピだのニューエイジだのが突然流行りだしたのはもはや既存の宗教では儲からない、人を騙せないと『彼ら』が判断したからこそ。スピやニューエイジは宗教の古くさい形を新しくして神秘的にして大衆にうけるよう味付け直したもの。そして作戦通りとなった。

既存の科学も嘘であると昨今まことしやかに暴露されはじめて『彼ら』が慌てて作ったのがおそらくこれ(記事の内容)なのだろう。

ダライ・ラマもマザー・テレサもめちゃめちゃ悪い人です。ちょっとググればすぐに出てきます。勉強してください。なぜ彼らと同じ賞を取ったかもポイントです。

私としてはスピや宗教なんかに傾倒してほしくないが、それでも人間は弱いので簡単な見分けるポイントだけ書いておく。
神は人間の内におり、その神に繋がることこそが人類が救われる唯一道など、神や仏は人の内側にいると教えるスピや宗教←本物
神は人間の外側におり、その神に従ったり拝んだり布施をすれば救いを得られる←偽物

昨今「みんなで次元上昇してアセンションすれば幸せになる」とかならないとか脳ミソがアセンション系の人たちが増えたなと思いますが、何故、船井幸雄氏やドリーンバーチューなどスピ界を代表する重鎮中の重鎮がスピを否定なさったのか、少し脳ミソアセンション系の人たちには頭を冷やして考えてみてほしいです。脳ミソがアセンション中なのでちょっとやそっとじゃ冷えないとは思いますが(笑)。

3:匿名 2019年3月23日 15:37 | 返信

世界中にどんだけ科学商法が流行ってるかも知ってるのかな

2:匿名 2019年3月23日 09:15 | 返信

量子力学が注目を集める昨今、既存の物理学では科学を語れなくなってきた。
その結果、出てきた学問と言うか思想。
既存の宗教の穴を埋める意味でスピ系宗教が流行ったが、その現象とダブる。
何でも良いが、NWOの計画の一部としての思想の流布なら勘弁してほしい。
マザーテレサと同じ賞というところが、もう胡散臭い。信用するには検証が必要だろう。
ここで、神を扱ううえで、本物とニセモノを見分けるコツを1つ。
神は個人の内側に居る。神と個人は同等、同格と教えている…ホンモノ
神は個人の外側に居る。神は崇拝すべき対象で個人と別格と教えている…ニセモノ
それから宗教は信じるべきではなく勉強すべきもの。

1:匿名 2019年3月23日 06:56 | 返信

世界中にどれだけの金儲け偽スピリチュアル商法が蔓延っているか…

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。