“地球の自転を止める計画”が実在していたと判明! 米軍の「レトロ計画」、実行後のヤバすぎる副作用とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 時代の節目節目において、我々人類は奇想天外な着想を得てそれを実現させようとしてきた。とりわけ戦時中には、大胆すぎる発想の新型兵器が開発されたりするものだが、かつての米ソ冷戦下において、米空軍でにわかには信じ難い計画が練られていたのである。

■米ソ冷戦下で練られていた「レトロ計画」とは?

 東西冷戦下において、米ソという2つの超大国が兵器開発や宇宙開発をはじめ最先端の科学分野で熾烈な競争を繰り広げていたが、その中にはかなり大胆な発想の計画も練られていた。

地球の自転を止める計画が実在していたと判明! 米軍の「レトロ計画」、実行後のヤバすぎる副作用とは!?の画像1
「Daily Grail」の記事より

 我々の地球は時速1700kmもの速さで自転しているのだが、果たして人類の手によってこの自転をほんのわずかの間でも止めたり、速度を低下させたりすることが可能なのだろうか?

 大胆不敵にも、この大いなる課題に打ち込んでいたのが、1960年代の米空軍であった。

地球の自転を止める計画が実在していたと判明! 米軍の「レトロ計画」、実行後のヤバすぎる副作用とは!?の画像2
『The Doomsday Machine: Confessions of a Nuclear War Planner』 「Amazon」より

 かつて、アメリカのシンクタンク「ランド研究所」で戦略アナリストの任に就いていたダニエル・エルズバーグ氏は、2017年に出版した自著『The Doomsday Machine: Confessions of a Nuclear War Planner』の中で、米ソ冷戦下の最中、米空軍がソ連との核戦争を想定した上で、実に奇抜なアイディアを実行に移そうとしていたことを暴露している。

「レトロ計画(Project Retro)」と名づけられたその奇想天外なアイディアとは、アメリカ中の大出力ロケットエンジンを同時に稼動させて地球の自転を一瞬だけ停止させるという驚愕のプランであった。

 では、何を目的に地球の自転を止めようというのか? それは、ソ連による先制核攻撃のダメージを最低限に抑えるためだった。

 ソ連の核ミサイル(ICBM)は、アメリカ本土の核ミサイル施設をはじめとする“急所”を用意周到に狙っていることは明らかである。そこでソ連のミサイルが発射されたことを検知した次の瞬間、大出力のロケットエンジン1000基を同時に地球の自転の逆方向に噴出させることで、地球の自転を止めようと米空軍は目論んだのだ。つまり、一瞬でも地球の自転が止まったり速度が落ちれば、ソ連の核ミサイルは標的を通り越して別の場所に落下する。そして直撃を免れた米軍のミサイル施設から報復攻撃が可能になるのである。

コメント

3:匿名 2019年5月29日 05:56 | 返信

↓と下の基地外チョンがほざいてる!

2:トランプ大統領 2019年5月29日 00:31 | 返信

自転を止められるのは、地球の中に入っている奴だけだ。自転の止め方にもよるだろうが、その時は地上にいる生物は滅ぶ事になるだろう。
奴なら自転を止めるよりも、地球を宇宙船に改造して動かすに違いない。
う、うわぁ〜
地上にいる生物は宇宙へと吹き飛ばされ
木っ端微塵に!
この地球がもしフェイクでコロニーの中であればそのような事は起きないであろう。
しかし、それならば、いきなり地面から宇宙人が這い出て来て、ここは惑星ではありません。
ドッキリでしたとか言って来くるかも知れない。その時どうする?
戦争や事件、事故で死んだ人は全部我々の操っていたロボであると説明され、本物の人間は貴方達だけですよと、離れた小さい目のブサ顔のサラリーマン風の男が話し出す。
例えばそこで、俺たちを騙しやがって、ふざけんな!と、キレるか、素直に話を聞いて見るかは自由だが、こちらが話をしている時に、奴はキチガイのようにヘラヘラ笑っている。それでどうします?などと聞いて来て、ここに居ても仕方がないですから我々と来てくださいなどと言ってくる。しかし、そいつらの言う事を間に受けていいのか?と、疑問に思う事は大事だと思う。それも実はドッキリで穴に落とされたりしないかと思うのだ。穴から出てきた奴が人である保証などない!チョンは徹底的に日本人が嫌いだと思い出すのだ!開けた瞬間にそいつを蹴って落としてみる。落ちた〜そして爆発する!やっぱり貴様ァ〜二度も騙しやがったな!奴らは、フハ、フハハハ!バレては仕方がない。モルモットの実験はここで終わりにして、日本人にはここで消えて貰おうと思っていた所だ。
などと本性を現すチョン!
奴らのコロニーの中で壮絶なチョン的ターミネーターとの戦いが始まるのであった。
戦って奪い取らなければ、自由は無い!
日本人絶対絶命の危機だ!
奴らの発達障害的ブラックジョークの罠を掻い潜って脱出しろ!発達障害の人造人間がその離れた小さな目の不細工な面で、気色悪くヘラヘラ時折大声で奇声を発しながら笑い、進撃の巨人のザコ巨人のような動きで、ネットの書き込みの内容を口走りながら襲いかかる。
まともな人なら、人権はやはり無い方がいいと思えてくるはずだ!そこら辺にあるもので奴らを殴り殺して進むしか無い!まるで映画をなぞったかの様なストーリーを進めて行くしか無いのであった。
この記事から、その様な事態を私は想像してしまった。

1:匿名 2019年5月28日 19:55 | 返信

またトカナがネタをまにうけてるw

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。