CIA機密文書「空間障壁を突破する超能力の研究」に登場するサイキック少年が凄い! テレポートがガチ証明されていた!

 超能力の存在を信じられないのはたいていの場合、超能力者のサイキック能力を目の当たりにした体験がないからだろう。かつてアメリカは本物のサイキックを集めて、その驚くべき超能力を検証していたことがCIAの文書に残されている。

■現実に存在するサイキック

 有名なユリ・ゲラー氏のようにサイキックであることを公表し、時にはその能力を公に開陳してみせる超能力者はきわめて少ない。確かに超能力者であることを公にすれば、当人の社会生活にきわめて大きなリスクを生むことになるだろう。

 こうしたことからも、世の大部分の人々は超能力者に出会うことなく、その能力を目撃することもない。あるいは目撃したとしてもそれに気づくことができない。

 しかし、こうした超能力者の能力を見過ごせない人々がいる。国家当局の機関である。サイキックの能力は軍事をはじめ、さまざまな分野に応用することが期待できるからである。

 たとえばピンポン玉を触れることなく空中で静止させたりするサイコキネシス(念動力)の持ち主として有名だったのが旧ソ連のニーナ・クラギナ(1926~1990)だ。

CIA機密文書「空間障壁を突破する超能力の研究」に登場するサイキック少年が凄い! テレポートがガチ証明されていた!の画像1
「Collective Evolution」の記事より

 米ソ冷戦時代、ソ連でもサイキックの能力を軍事利用する研究が活発に行われていたといわれていて、当時のクラギナは数多くの“超能力実験”に参加していたのである。

 臨床心理学者で作家、メディアのインタビュアーでもあるジェフリー・ミシュローブ氏による著書『The PK Man: A True Story of Mind Over Matter』は、サイキックが現実世界に及ぼす物理的なフォースに着目した内容だ。

「サイキックの記録が示唆する最も驚くべき、最も恐ろしく、最も信じられない可能性の1つは、人間が意図的な意思の力、または無意識の力、あるいはスピリチュアルな存在の助力、ミステリアスな原理といったものによって物理的な世界に観察可能な影響を与えることができるかもしれないということです」(『The PK Man: A True Story of Mind Over Matter』)

 また米ミシガン大学の仏教およびチベット学研究者であるドナルド・ロペス教授はブッダが超能力者であったと説明している。

「彼(ブッダ)は自分自身の過去の生活や他の生き物のすべてについての完全な知識、他人の考えを知る能力、自分の分身を作成する能力を持ち、 空中に上昇し、同時に火と水を体から発射します」(ドナルド・ロペス教授)

 このように超能力やサイキックは少なくない科学者たちによって研究の対象になっており、その能力の存在は久しく前から疑いようのないものになっているのだ。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ