【衝撃】38年前にソ連が「金星で生きたサソリ」を発見していたと判明!! 科学者が証拠写真&論文発表、だがNASAの妨害で…!

 こうして導き出された結論は、金星には生きた“サソリ”がいるという驚くべきものであった。連続写真には動いている“サソリ”のような生物が写っていたというのである。なんと、金星に生物がいると結論づけたのだ。

【衝撃】38年前、ソ連の探査機が金星でサソリを発見していたと判明!! ロシア上級科学者が論文発表、しかしNASAの妨害工作で…!の画像3
「Daily Mail」の記事より

■サソリではなく落ちたレンズキャップ!?

 金星に“サソリ”が生息しているとすれば天文学史上の大発見となるが、そこに“待った”がかかっている。NASAの科学者が、サンフォマリティ氏の結論に異を唱えたのだ。これはサソリなどではなくてべネラ13号のカメラから落ちたレンズキャップであるというのだ。

 NASAの画像分析の専門家であるテッド・ストライク氏によれば、ベネラ13号には前面と背面に1台ずつカメラがあるのだが、1つの画像は前部カメラのレンズキャップを示し、もう1つの画像は後部カメラのレンズキャップを示しており、1つのレンズキャップが移動したわけではないという。

【衝撃】38年前、ソ連の探査機が金星でサソリを発見していたと判明!! ロシア上級科学者が論文発表、しかしNASAの妨害工作で…!の画像4
「Daily Mail」の記事より

 同じくNASAのミッションプランナーであるジョナサン・ヒル氏も「これは機器の配備中の着陸した探査機の一部と考えることは、はるかに理にかなっています」とコメントしている。

 また、ある画像処理の専門家によると、サンフォマリティ氏が“発見”したサソリもデジタル画像の“ノイズ”であり、元の画像にはないものであるということだ。

 このベネラ計画の時代は金星探査においてトップランナーであったソ連であったが、冷戦終了後はNASAに追い越されることになる。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

【衝撃】38年前にソ連が「金星で生きたサソリ」を発見していたと判明!! 科学者が証拠写真&論文発表、だがNASAの妨害で…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル