【警告】日本海側で超巨大地震が迫っている!? 当たる予言者の懸念エリアと“ひずみ集中帯”が一致「新潟から山形で…」

【警告】日本海側で超巨大地震が迫っている!? 当たる予言者の懸念エリアとひずみ集中帯が一致「新潟から山形で…」の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 過去に複数回ご紹介してきたオールマイティな超能力者であるヒプノセラピストマリアさんが、今年の春から、日本海側を襲う大地震などの災害が気になっており、霊視や夢見で“あるエリア”が見えているという。そこは「ひずみ集中帯」といって過去に大地震が多発している地域とオーバーラップしていた。そうなると、近いうち日本海か日本海側の内陸で大地震が起きる可能性を考えなければならないだろう。


■霊視が「ひずみ集中帯」と一致

 ヒプノセラピストマリアさんは、5月頃から「長野から新潟あたりで地震が気になる」と盛んにブログで訴えており、震源が長野から北東へと次第に移動していくビジョンや夢を見ていた。5月20日付のマリアさんのブログ『ひむかの風にさそわれて』の記事では、「長野から新潟へ向かう線が何度も見えていた」とあり、この図が示されている。

【警告】日本海側で超巨大地震が迫っている!? 当たる予言者の懸念エリアとひずみ集中帯が一致「新潟から山形で…」の画像2

 彼女があまりにも頻繁にこの図をブログ上で示すので、よほど気になっているのだろうと思っているうちに、あることに気づいた。それは、このエリアが地震学上でいう「ひずみ集中帯」と一致することだ。

【警告】日本海側で超巨大地震が迫っている!? 当たる予言者の懸念エリアと“ひずみ集中帯”が一致「新潟から山形で…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル