【パンデミックと新宇宙時代】人類史上初、自ら出資した宇宙船で宇宙へ! 『エクソシスト』の音楽大ヒットが宇宙旅行に繋がった…ヴァージン会長ブランソンを解説(ケロッピー前田解説)

「パンデミック到来に備えよ!」と、2015年にビル・ゲイツは予言した。

 そして、それは現実となり、人類は新型コロナウイルスの猛威に侵され続けている。ワクチンこそが唯一の解決策と喧伝され、ビル・ゲイツこそがパンデミックの勝者のように思われた。しかし、2021年5月、ゲイツは突然の離婚騒動で表舞台から後退し、世界はパンデミック以降に向かって動き始めている。

 そこで台頭してきたのがビリオネアが巨額を投じる民間の宇宙開発競争である。イーロン・マスクのスペースX、ジェフ・ベゾスのブルーオリジン、そして、宇宙旅行に特化して飛行機型の宇宙船を手がけたリチャード・ブランソンのヴァージン・ギャラクティックなど、20年越しの彼らの成果が2020年代、具体的な形となって宇宙へと飛び立つことになったのだ。これからどんな未来が始まろうとしているのか?

 ケロッピー前田がカウンター視点で巷のニュースを相対化、いまを生き抜くためのヒントやアイディアをお届けしたい。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ!

 大好評だった「新型コロナウイルスの時代」の続編として、宇宙編を数回にわたって連載する。

<過去の記事> 

【番外編・第1回】最新情報・新型コロナの正体!
【番外編・第2回】アメリカ大統領選挙その後
【番外編・第3回】迷走する東京五輪、IT長者対決 ゲイツvsマスク 
【番外編・第4回】身体改造最前線としての脳改造!
【番外編・第5回】イーロン・マスクのニューラリンク完全解説!  
【番外編・第6回】まだまだ終わらないビル・ゲイツ離婚騒動
【番外編・第7回】ゲイツ離婚の波紋、ワクチン世界支配の終焉
【番外編・第8回】ベゾスvsマスク ビリオネア宇宙戦争

【緊急特報】米大統領選オクトーバー・サプライズ
【緊急特報】まだまだ終わらない!怒涛の法廷闘争へ!

 

【宇宙編・第1回】ヴァージン民間宇宙事業の大きな一歩!

画像は「Getty Images」より引用

 2021年7月11日午前(日本時間11日深夜)、ヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長が、自らの民間宇宙事業ヴァージン・ギャラクティックの宇宙船「スペースシップ2」で有人宇宙飛行を成功させた。

 これは自ら出資した民間宇宙船で宇宙空間に到達した史上初のケースとなった。「スペースシップ2」にはブランソンの他、2名のパイロット、3名の搭乗員が乗り込んだ。その模様はヴァージン・ギャラクティックの公式サイトで完全中継された。

 以下のCNETの動画は、ブランソンの歴史的な宇宙飛行を10分間のダイジェストで見せてくれる。

 見所としては、双胴型の母船に吊るされた宇宙船「スペースシップ2」が切り離されてロケット噴射、その後、凄まじいスピードで宇宙へと昇っていくところである。切り離しから2分ほどで地上約26万フィート(約80キロ)を超え、いわゆる宇宙に到達し、3分25秒あたりで宇宙船内で無重力を楽しむブランソンらの姿がちらりと映る。

 地球への帰還はグライダーのようにゆっくりと降って、出発した時と同じ飛行場の滑走路に着陸した。飛行場を飛び立ってから約1時間後に母船から宇宙船を切り離しているが、切り離しから約15分ほど宇宙まで到達し、地上にまで降ってきている。公式データでは、飛行時間90分、宇宙体験は6分間となっている。これで充分か、短いかは意見の別れるところだが、特別な訓練も受けていない一般搭乗客にとっては、約15分間のジェットコースターに乗っているようなもので、人によっては耐えられる限界かもしれない。

 2004年に創立されたヴァージン・ギャラクティックは、民間の宇宙旅行事業に特化し、飛行機の滑走路から離着陸可能な飛行機型の宇宙船の開発に専念してきた。すでに米連邦航空局から一般客をのせる許可を取得しており、今後2回の試験飛行を行った上で、2021年から宇宙旅行の事業化を目指している。

 今回の成功は、ヴァージン・ギャラクティックを大いに勇気づけるものとなった。なぜなら、宇宙ロケットの開発で競合するスペースXとブルーオリジンの二強に対し、ヴァージンは技術面での見劣りがあったが、宇宙旅行ビジネスに限定すれば、一般人でも手が届く宇宙体験として再び世界の熱い視線を集めることとなった。

 ちなみに、ヴァージンのチケットは日本円で約2800万円で、約700枚を売り切った段階で現在は販売がストップしている。日本ではクラブツーリズム・スペースツアーズが代理店を務めており、日本人も約20人が購入済みという。

 ここまでは日本語メディアでも報道されているが、海外での様々な反応については、ブランソン自身の強烈なキャラクターも影響している。

人気連載
タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

■2021年11月29日~12月5日「今週の不幸を回避し...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【パンデミックと新宇宙時代】人類史上初、自ら出資した宇宙船で宇宙へ! 『エクソシスト』の音楽大ヒットが宇宙旅行に繋がった…ヴァージン会長ブランソンを解説(ケロッピー前田解説)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル