【緊急】大手が報じない「アメリカ大統領選」の“裏”観戦ガイド! バイデン息子の流出、FBIヒラリー、中国共産党の内紛、トランプの大逆転!

 今年4月、新型コロナウイルス騒動に世界が揺れるなか、「新型コロナウイルスの時代」として始まった連載も現在、第3部「ビル・ゲイツとワクチン」に突入している。

 パンデミックの背景を追っていくと、武漢ウイルス研究所、中国共産党、ディープステート、ヒラリー・クリントン、ビル・ゲイツなど、様々な闇の部分が見えてくる。

 11月3日のアメリカ大統領選挙は、ディープステートと戦うと明言してきたトランプ大統領にとって、大きなクライマックスとなっている。同時に、パンデミック後の世界の行く末を占う重要な分岐点であり、日本のこれからの運命も決定する歴史的な瞬間となり得るのだ。

 アメリカ大統領選挙にこれほどドキドキさせられたのは初めてだ。果たして大統領選の勝者は誰か? どうなるアメリカ、どうなる世界! ケロッピー前田のカウンター視点による「アメリカ大統領選観戦ガイド」をお届けする。

<過去の記事> 

・集中連載(3)

【第1回】ビル・ゲイツとワクチン
【第2回】ビル・ゲイツとマイクロチップ

・集中連載(2)

【第1回】ディープステートの正体
【第2回】2016年大統領選ヒラリーの私用メール
【第3回】ヒラリーの私用メール問題がトランプを勝たせた
【第4回】セス・リッチ射殺事件とロシアゲート
【第5回】拡大するQアノン運動
【緊急特報】米中戦争勃発!亡命学者の大暴露!
【対談編・前編】ヒラリーの逮捕
【対談編・後編】パンデミックの収束はいつ?

・集中連載(1)

【第1回】ビル・ゲイツの予言
【第2回】パンデミック演習「イベント201」
【第3回】武漢ウイルス研究所とは何か?
【第4回】「プランデミック」の賛否
【第5回】武漢フレンチコネクション
【対談編・前編】トランプが陰謀を挫いた
【対談編・後編】ディープステートvsトランプ

画像は「Getty Images」より引用


【緊急特報】米大統領選オクトーバー・サプライズ

「オクトーバー・サイプライズ」とは、4年に一度のアメリカ大統領選挙において、11月初めの投票日を前に、毎回10月には世間を驚かせるような出来事が起こることをいう。

 現在、最も世間を騒がせているのは、現職トランプ大統領の対立候補ジョー・バイデンの次男ハンター・バイデンのパソコンデータの大量流出事件である。ウクライナや中国でのバイデン親子の汚職が暴かれたばかりでなく、ハンターの性行為の画像が大量にネット上に流出しており、その中には明らかに未成年と思われる女の子も写り込んでいる。

 その内容については、あとで検証するとして。最新の話題としては、「わたしの投票を変更できますか?(Can I change my vote ?)」というフレーズがグーグル検索のトレンド入りした一件がある。

 アメリカではすでに5900万人以上が郵便投票を含む期日前投票を済ませているが、アメリカ時間の27日火曜日の朝、「わたしの投票を変更できますか?」というフレーズがグーグル検索のトレンド入りを果たした。

 そのフレーズがトレンドになり始めたのは小選挙区デラウェアで、ジョー・バイデンが36年間に渡って上院議選を勝ち抜いてきたところである。実際のところ、ほとんどの州で投票の変更は不可能だが、たとえば、ニューヨーク、ミシガン、オハイオ、ミネソタ、ニューハンプシャー、ウイスコンシンなどでは変更が可能だという。

 ハンター・バイデンのデータ流出事件が、バイデン離れのきっかけとなっていることを示す出来事として報道されている。

 2016年、トランプが勝利した大統領選でのオクトーバー・サプライズは、投票日一週間前のFBIによる民主党候補ヒラリー・クリントンの私用メール再捜査の発表だった。

 ヒラリーの私用メール問題は、4年前の大統領選で大きな争点となっていたことは過去の連載で詳しく解説している

 そして、2020年10月10日、ついにヒラリーの私用メール約3万件が機密解除され、米国務省情報自由法(FOIA)のウェブサイト上で公開された

 また、「ロシアゲート」の捜査資料となっていた元CIA長官ジョン・ブレナンが記した自筆のメモを含む機密指定文書も解除された。その資料からは、ロシアゲートはヒラリー・クリントンの発案によるもので、ブレナンのメモによれば、オバマ前大統領もこの疑惑に関与しているという。「オバマゲート」とも呼ばれる所以だ。

 トランプ大統領がたびたび発言していた「ヒラリー逮捕」とは、この一連の機密解除と文書公開を意味していたのだ。