【ビル・ゲイツとワクチン開発完全解説】米「ワープスピード作戦」、露「スプートニクV」…短期間で安全なワクチンはできるのか? ケロッピー前田が斬る!

「パンデミック到来に備えよ!」と、2015年にビル・ゲイツは予言した。

 そして、それは現実となり、人類は新型コロナウイルスの猛威に侵され続けている。ワクチンこそが唯一の解決策と喧伝され、世界各国は巨額を投じて開発競争は加熱するばかりだ。だが、それさえもゲイツのシナリオ通りではないか?

 そもそも医学の専門家でもない、マイクロソフトのウィンドウズで世界トップの億万長者となったビル・ゲイツが、なぜこれほどにパンデミックやワクチン開発に口を挟みたがるのか?

 マイクロチップ、ID2020、人口操作、人類の健康支配、ネットで増殖し続ける陰謀論の源泉となってきたビル・ゲイツの正体に迫る!

 ケロッピー前田がカウンター視点で巷のニュースを相対化、いまを生き抜くためのヒントやアイディアをお届けしたい。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ!

 大好評だった「新型コロナウイルスの時代」の第3部を今後数回にわたって連載する。

<過去の記事> 

・集中連載(2)

【第1回】ディープステートの正体
【第2回】2016年大統領選ヒラリーの私用メール
【第3回】ヒラリーの私用メール問題がトランプを勝たせた
【第4回】セス・リッチ射殺事件とロシアゲート
【第5回】拡大するQアノン運動
【緊急特報】米中戦争勃発!亡命学者の大暴露!
【対談編・前編】ヒラリーの逮捕
【対談編・後編】パンデミックの収束はいつ?

・集中連載(1)

【第1回】ビル・ゲイツの予言
【第2回】パンデミック演習「イベント201」
【第3回】武漢ウイルス研究所とは何か?
【第4回】「プランデミック」の賛否
【第5回】武漢フレンチコネクション
【対談編・前編】トランプが陰謀を挫いた
【対談編・後編】ディープステートvsトランプ

 

【集中連載(3)第1回】ビル・ゲイツとワクチン

 今年11月3日の大統領選挙を間近に控え、超大国アメリカでは大混乱が続いている。

 去る9月29日(日本時間30日)、現職トランプ大統領と対立候補であるジョー・バイデンとの第一回目のテレビ討論会が行われ、両者が罵倒し合う展開となって大いに批判された。だが、それから3日後の10月2日、トランプ大統領が新型コロナウイルス陽性となり、米軍の病院に移されると世界中が騒然となった。そればかりか、のちにホワイトハウス関係者20名以上の感染も公表されている。

 その数日間、どれほどアメリカ国民が動揺したのかは、最新号の雑誌『TIME』(2020年10月19日号)のウイルス感染で真っ赤になった表紙に表れている。

【ビル・ゲイツとワクチン開発完全解説】米「ワープスピード作戦」、露「スプートニクV」…短期間で安全なワクチンはできるのか?  ケロッピー前田が斬る!の画像1
画像は「TIME」より引用

 幸い、トランプ大統領は数種の治療薬を試みることで回復し、10月5日に退院、ホワイトハウスに戻っている。重症化の危険性も叫ばれながらも、たった3日間の入院で奇跡的な生還を果たしたトランプの姿は、世界のトップニュースとして大きく報じられた。

 それでも、大統領選の最も重要な時期に自らも含め、側近たちに感染が広がったことは大きな痛手となった。特に感染防止対策について、トランプ政権がマスク着用やソーシャルディスタンスの義務付けなどを徹底せず、ホワイトハウス関係者も感染拡大に無防備な状態であったことが指摘されている。

 とはいえ、ここで大いにメディアの関心を呼んだのが、トランプの治療薬である。

 トランプ大統領は重症患者向けの治療薬を複数使用しており、米製薬大手リジェネロンが開発した実験段階の抗体治療薬、抗ウイルス薬「レムデシビル」、ステロイド薬「デキサメタゾン」が投与された。これまで誰もやったことのない医薬品の組み合わせ、いわば人体実験で元気そうにみえてもその後に容体が悪化する可能性もあるといわれた。

 そうはいっても、トランプ大統領に投与の新型コロナ治療薬への関心は高く、リジェネロン社の新型コロナウイルスの治療薬について、正式な承認前でも緊急に使えるようにFDA(食品医薬品局)に許可申請が提出されている。

 トランプ自身も「自分が受けた治療を国民にも無償で提供したい」とコメントしている。