「失敗した死刑」を5つ紹介 斬首、八つ裂き、電気椅子…非人道的で無残な死刑執行

関連キーワード:

,

,

,

 人類が集団で生活するようになってから死刑は人間社会の一部であった。しかし、現代においては、多くの先進国で人道的な観点などから死刑制度は廃止されている。一方、日本ではいまも絞首刑が行われており、今年7月には「秋葉原無差別連続殺人事件」の加藤智大元死刑囚の刑が執行された。死刑があることで、犯罪発生を抑止できるなどという理由が挙げられることがあるが、実際の効果は不明である。ところで、死刑の歴史を振り返るとわかるのが、我々が死刑の執行にどれほどお粗末であるかということだ。死刑制度の是非を問うためにも、過去に起こった「失敗した無残な死刑のケース」を5つ紹介する。

「失敗した死刑」を5つ紹介 斬首、八つ裂き、電気椅子…非人道的で無残な死刑執行の画像1
画像は「Getty Images」より

失敗事例1:斬首
トマス・クロムウェル

 イングランド王国テューダー朝第2代の王、ヘンリー8世の最も忠実な側近として仕えていたトマス・クロムウェルは、その有能さゆえに多くの政敵がいた。

 敵対する勢力は共謀して巧みにクロムウェルを失脚に追い込み、王からの信頼を完全に奪い去った。クロムウェルは1540年に反逆罪で逮捕され、私有地も剥奪されて裁判なしで死刑を宣告されたのだ。

 1540年7月28日にロンドンのトリニティ・スクエア・ガーデンで死刑が執行されたのだが、この時に執行を担当した処刑人は手際が悪く、何度もクロムウェルの頭部に打撃を与えて血まみれにした挙句にようやく斬首したという。まるで畜殺のような凄惨な地獄の光景が繰り広げられたことを目撃者は書き残している。

失敗事例2:斬首
メアリー・ステュアート

 スコットランドの女王、メアリー・ステュアートは実に悲惨な最期を遂げている。

 エリザベスの暗殺を計画した罪で死刑が宣告されたメアリーの死刑執行は1587年2月8日にフォザリンゲイ城で執り行われた。

 斧による斬首刑を前に、下着姿で目隠しされたメアリーは跪いた姿勢で台の上に頭部を乗せた。そして処刑人がメアリーの首めがけて斧を振り下ろしたのだ。

 しかし不幸なことに最初の一撃の狙いは外れて彼女の後頭部を直撃した。元女王はこの時にはまだ死ねなかったのだ。

 焦った処刑人はすぐに斧を持ち上げて2度目の打撃を加え、メアリーは絶命する。しかし頭部を完全に斬り落とすことができず、3度目の打撃が必要であった。

 処刑人は神に報告するために彼女の頭部の髪をつかんで持ち上げたのだが、メアリーはかつらだったため、血まみれの頭部が途中で落ちて無残にも床を転がり回ったという哀れな顛末も繰り広げられたという。

「失敗した死刑」を5つ紹介 斬首、八つ裂き、電気椅子…非人道的で無残な死刑執行の画像2
メアリーの処刑の模様 画像は「Wikipedia」より

失敗事例3:絞首刑
ウィリアム・デュエル

 ウィリアム・デュエル(当時17歳)は、ロンドンのアクトンでサラ・グリフィンのレイプに加担した罪で死刑判決を受け、1740年11月24日にイギリスのタイバーンで絞首刑が執行された。

 首を吊られて約20分間ぶら下がったままにされた後、遺体は解剖学実習に使われることが決まっていたため外科病院に運ばれた。

 遺体が手術台の上に乗せらて解剖の準備が整ったところで、外科医はこの17歳の少年がまだ息をしていることに気づき驚く。

 その後しばらくして完全に息を吹き返したデュエルは立ち上がることもできて、翌日には体調は完全に回復したのである。絞首刑は失敗したのだ。

 当局は彼をどうしたらいいのか頭を抱えたが、デュエルはひとまず刑務所に送り返された。同一人物に死刑を2度執行することはできないということなのか、デュエルは終身刑に変更されて刑務所で81歳まで生き永らえたのだった。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

「失敗した死刑」を5つ紹介 斬首、八つ裂き、電気椅子…非人道的で無残な死刑執行のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル